8/

04/d47 MUSEUM

沖縄の器-井口工房の特集-d47 MUSEUM SELECT

会 期 2022年5月26日(木) - 2022年6月21日(火)
時 間 12:00〜20:00 ※水曜定休
場 所 d47 MUSEUM内(03-6427-2301)
事前申込 不要

井口工房を象徴する作品でもあるコバルトブルーが特徴的なO紋やハイビスカス柄、無地の作品なども合わせてご紹介いたします。

d47MUSEUMで2020年に開催した「LONG LIFE DESIGN2-祈りのデザイン展-」でご紹介した沖縄の井口工房。

沖縄の日用品として古くから愛用されてきたやちむんの器は、ぽってりと厚みのあるかたちが多い中、井口工房の器はすっと引かれた線のように潔く、薄めで軽く、扱いやすく作られています。それは井口さんが器を製作するうえで強く意識しているのが「食卓」だから。「料理が映える器」であることはもちろん、器を使った時にに緊張感を与えず、日用品として喜ばれるものづくりを心がけている井口さんならではの'やちむん'です。

井口工房を象徴する作品でもあるコバルトブルーが特徴的なO紋や無地の器、麺皿など今までに紹介したことがない器もご紹介いたします。

この機会にぜひお手にとってご覧ください。

 

\井口さん在店/

5月28日(土)*13時ごろから在店予定

ご本人から直接お話しを聞きながら購入できるまたとない機会です!

iguchikoubou_prof.jpg 井口工房

井口春治

沖縄県出身。読谷山焼の大嶺工房の大嶺實清氏に師事し、2012年に「井口工房」を設立。

井口悠以

神奈川県出身。会社勤務を経て読谷山焼北窯の松田米司氏に師事。2012年に井口春治とともに「井口工房」を設立。

沖縄・読谷のやちむん | 井口工房 iguchikoubou.com

COMMENTS