8/

04/d47 MUSEUM

縞と出会った文様 山内武志の染め

会 期 2022年10月 1日(土) - 2022年10月31日(月)
時 間 12:00〜20:00 ※水曜定休(最終日は17:00まで)
場 所 d47 MUSEUM内(03-6427-2301)
事前申込 不要

染物の産地、浜松の紺屋(染物屋)に生まれ、60年以上染めと向き合い続けている山内武志さんの染めものを2年ぶりにご紹介します。

江戸時代より染物の産地で知られる浜松の紺屋(染物屋)に生まれ、人間国宝の故・芹沢銈介に6年間師事し、60年以上染めと向き合い続けている染色家 山内武志さん。80歳を過ぎた今でも日々工房に立ち、型彫り、糊つけ、染色までをすべてひとりで行なっています。今回は、山内さんが藍染で先染めした糸を使い仕立てたオリジナルの縞生地の作品を中心にご紹介します。山や雲など自然のモチーフの文様と、リズミカルな縞模様が重なり合うことで、これまでとは異なる印象をうけます。暖簾、椅子敷き、風呂敷など山内さんの仕事が一堂に集まる貴重な1ヶ月間です。

 

nuiya 2022image01.jpg nuiya 2022image02.jpg

一つ一つ丁寧に手間暇かけて作られています。

 

アトリエぬいや

浜松にある山内さんが営むギャラリーショップ。山内さんご自身の作品をはじめ、さまざまな民芸品を取り扱う他、定期的に企画展や講演会なども開催。

〒430-0929 静岡県浜松市中区中央3丁目8-30

TEL/053-457-4777

OPEN/12:00~18:00(火・水定休)

*定休日以外のお休みもあるため、アトリエぬいやにお問合せください。

TEL/053-457-4777

アトリエぬいや webサイト:www.ateliernuiya.com

nuiya yamauchi prof.jpg山内武志(やまうち たけし)

染色家。昭和13年、浜松市に文化年間から続く紺屋に生まれる。浜松工業高校卒業、芹沢染紙研究所に入門。師の創作の傍らで制作の一端に従事。6年間の修行後帰郷し、地元の需要・要望に応えた制作を行うとともに、オリジナルの創作を行い、全国各地で展示会を開催。今年で80歳、現在も工房に立ち、染めと向き合い続けている。「アトリエぬいや」店主。

COMMENTS