8/

04/d47 MUSEUM

【臨時休館:webコンテンツ有り】d design travel EHIME EXHIBITION

会 期 2020年3月 6日(金) - 2020年6月 1日(月)
時 間 11:00〜20:00(最終入館/Last Admission19:30)
場 所 d47 MUSEUM
料 金 入場無料/Free Admission
事前申込 不要

 

<2020.5.5情報更新>

新型コロナウイルス感染拡散防止に伴い、下記の通り臨時休業させていただきます。今後の営業につきましても、随時お知らせしてまいります。ご来店の前には、最新情報をご確認いただくようお願い致します。

4月4日(土)〜 当面の間 休業(渋谷ヒカリエ全館休館)

【愛媛号「ひとりでトラベルショー」公開!】

hitori travelshow ehime.png

「愛媛号」の発刊を記念して、編集部と共に愛媛県について語り、取材関係者の皆さまや読者の皆さまと交流を持とうと3月開催予定だった「d design travel showと愛媛を食べる会」。新型コロナウイルスの影響を鑑みてやむなく延期を致しましたが、d編集部で協議した結果、編集長・神藤秀人の【"ひとりで”トラベルショー】を敢行することに致しました。当日トークするために用意していた内容を凝縮して、取材・制作中の臨場感、d編集部の感じた愛媛らしさ、そしてこの活動を、少しでもお伝えできたらと、映像をお届けします。こちら(YouTube)からご覧ください。

 

【鑑賞できます「愛媛展」音声ガイダンス公開中!

YouTube_ehime.png

期間限定で「愛媛展」の館内映像とともに、音声ガイダンスをYouTubeで公開しています。 編集長による展示品の解説をしているガイダンス音声です。既に「愛媛号」をお持ちの方は、ぜひ合わせてお楽しみください! 通常は会場でしか聴けないものなのですが、今回は特別処置としてご理解いただき、情勢が落ち着きましたら、ぜひ、ご来場ください。 多くの皆様に愛媛の素晴らしさが届きますことを願っています。 鑑賞できる!愛媛展音声ガイダンスはこちら(YouTube)から

 

【編集部、Instagramはじめました

travelinstagram.png

『d design travel』ってどんな本?編集部は何してるの?といった疑問の答えが見つかる(かもしれない)、編集部チームによるInstagramがはじまりました。 現地取材や展示のこと、日々笑いあり涙あり、全力でその土地らしさを追いつづける編集部の活動をリアルタイムで紹介します。ぜひのぞいてみてください。 d編集部デスクInstagram @d_design_travel(リンク)

 

 

 

愛媛県の個性を、「デザイン」と「旅」の視点から見る展覧会

 

現代、日本中が都市化されていく中で、失われつつある「その土地ごとの 個性」。そこには、その土地に長く続く暮らしがあります。私たちは、その暮らしの大切さを確認するため、47 都道府県を 1 県ずつ 1 冊に編集した 観光ガイド『 d design travel 』を制作しています。 本展覧会は、その27冊目にあたる『愛媛号』の発売を記念するものです。

毎号、私たち編集部は約2ヶ月間、その土地で暮らし、少しずつ、その土地の"らしさ"を実感していきます。そこで出会う人々の暮らしは、個性豊かでありながら、土地の人々にとっては、当たり前のことで、ややもすると、その重要性が軽視されてしまうこともあります。しかし、独特な「創意と工夫」がその土地を守り、その土地で暮らす意味を教えてくれる、"その土地ならではのデザイン" です。

この会場には、実際にその土地で使われている愛媛県ならではの道具や日用品、工芸品、建築の一部などを、特別にお貸し出しいただき展示しています。展示品のほとんどが、編集部が取材中に出会ったもので、それら全てに、歴史と進化があり、知れば知るほど興味深く、その場所を構成するロングライフなものばかりです。展示品を通して、"実存する愛媛県ならではのデザイン" を知っていただけたらと思います。そして、ぜひ、この展覧会と『愛媛号』をきっかけに、愛媛県、さらには、日本中を旅して「その土地ごとの個性」の大切さを感じてみてください。

最後に、本展覧会、および、本誌制作にご協力いただきました皆様すべてに、厚くお礼を申し上げます。

d design travel 編集長 神藤秀人

 

————————————————————————————————————

 

『d design travel EHIME』4月全国発売!会場では先行販売も

d design travel ehime_cover_new_small.png

穏やかな"凪"のように、揺るぎないもの。

愛媛は、観光にすることなく、真摯に"ものづくり"を続けてきたことで、自分らしさを守ってきた。海も山も街も、穏やかな凪のような時間が、蓄積して生まれた平和な世界。外からの者も、心が浄化され、透き通った"愛媛色"に染まっていく。ゆっくりと流れるこの何でもない時間が、何よりも豊かなのだ。

 

表紙:『若者』畦地梅太郎(1902年-1999年)

愛媛県は、山も海も街も、凪のようにゆったりとした時間が流れていました。そんな長閑な場所で、幼少期を過ごした畦地梅太郎さん。"山の版画家"としても知られる中で、『山男』シリーズは、ご自身の心情を描いたと言われています。特に、この作品(『若者』)は、女性を描き、どこか「伊予」という女性を表した地名を彷彿とさせます。何よりも穏やかで、透き通った空気感。そして、愛おしいところも、僕の旅した愛媛県らしいのです。

 

展覧会会場では、4月3日(金)全国発売の愛媛号を先行販売いたします。先着で、編集長が手書きで作成した『らくがきMAP』をプレゼント。本誌には載りきらなかった情報なども。

 

> 愛媛号web先行予約はこちら

d47 design travel store 店頭でも先行予約受付中です。

 

 

————————————————————————————————————

 

d47 MUSEUMに期間限定のストアがオープン

 ehime_temiyage1_small.jpg

ehime_temiyage2_small.jpg

愛媛号の取材を通して、本誌編集部が出会った、"愛媛らしい"デザインと、美味しい手土産のストアが会場内にオープンします。

※写真は『d design travel 愛媛』の写真です。実際の販売品とは異なる場合がございます。(写真:山﨑悠次)

 

————————————————————————————————————

 

「愛媛定食」が限定メニューとして登場

 ehime_teishoku_small.jpg

d47食堂スタッフが愛媛県を旅して、名物や伝統料理を食べ歩き、生産者に取材しながら「その土地らしい定食」を考えました。郷土料理・日向飯(鯛めし)をはじめ、じゃこ天、みがらし、石鎚黒茶、そして、もちろんみかんも登場する「愛媛定食」は、併設のd47食堂で、実際にご賞味いただけます。(写真:山﨑悠次)

【愛媛定食】

提供期間:2020年3月4日(水)〜6月2日(火)(予定)

時間:11:30〜23:00(LO 21:30)※14:30-18:00のカフェタイムを除く

   新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴い、提供時間を変更しております。最新情報はd47食堂HPをご覧ください。

値段:1,750円(税込)

※仕入れの状況などにより、内容や期間は変更になる場合がございます。

 

————————————————————————————————————

 

愛媛号のトークと食事が一度に楽しめるイベントを開催

 travel talk_kochi.jpg

taberukai_shizuoka.jpg

約2か月間の取材に関する様々なエピソードを、編集部が語り尽くす出版記念トークを開催します。旅の間で撮影した写真も数多くお見せするスライドショー形式で、愛媛展の舞台裏もご紹介します。さらに、愛媛県の料理を味わえる交流会「愛媛を食べる会」をd47食堂で開催。料理人自らが生産地を訪れ、食べて感動したものだけで開発した「愛媛定食」を中心に、"愛媛のおいしいもの"をご堪能いただきます。

【d design travel show と 愛媛を食べる会】

3月10日(火)19:00〜22:00 8/ COURTおよびd47食堂にて

詳細・お申し込みはこちらから<新型コロナウイルス感染症の拡大防止のためイベントを延期させていただきます。代替の日程については、決まり次第改めてご案内いたします。>

 

————————————————————————————————————

 

d47落語会「愛媛県」

 Ehime2_Web_release_1650x1000.jpg

本誌の発売に合わせ、各地を題材にした同時代の新作落語「47都道府県落語」を、1県につき1つずつ、全県つくっていく「d47落語会」。古典落語を1席、愛媛県をテーマにした同時代落語スタイルで演じる創作落語を1席、そしてトークショーという3部構成で、愛媛県の「個性」や「らしさ」を、笑いを通して紹介していきます。

東京会場と愛媛会場の両地公演。落語好きの方も、これが初めて!という方もぜひお越しください。<新型コロナウイルス感染症の情勢を受け、延期・中止とさせていただきます>

詳細はこちらから。

 

COMMENTS