8/

04/d47 MUSEUM

d design travel KOCHI EXHIBITION

会 期 2019年3月 8日(金) - 2019年4月22日(月)
時 間 11:00〜20:00(最終入館/Last entry 19:30)
場 所 d47 MUSEUM
料 金 入場無料/Admission free
事前申込 不要

高知県の個性を、「デザイン」と「旅」の視点から見る展覧会

 

現代、日本中が都市化されていく中で、失われつつある「その土地ごとの 個性」。そこには、その土地に長く続く暮らしがあります。私たちは、その暮らしの大切さを確認するため、47 都道府県を 1 県ずつ 1 冊に編集した 観光ガイド『 d design travel 』を制作しています。 本展覧会は、その25冊目にあたる『高知号』の発売を記念するものです。

毎号、私たち編集部は約2か月間、その土地で暮らし、少しずつ、その土地の"らしさ"を実感していきます。そこで出会う人々の暮らしは、個性豊かでありながら、土地の人々にとっては当たり前となり、ややもすると、その重要性が軽視されてしまう事もあります。しかし、そこには様々な創意と工夫があり、その土地を守り、そして、その土地で生きていく意味を教えてくれる"その土地ならではのデザイン" があります。

この会場には、実際にその場所で使われている高知県ならではの道具や日用品、建築の一部などを特別にお貸し出しいただき展示しています。展示品全てに、その場所の歴史と、現在に至るまでの進化があり、知れば知るほど興味深いものばかりです。展示品を通して、本誌では表せられない、実存する "高知県ならではのデザイン" を体感していただけたらと思います。そして、ぜひ、この展覧会をきっかけに、高知県、さらには、日本中を旅して「その土地ごとの個性」の大切さを感じてみてください。

最後に、本展覧会、および、本誌制作にご協力いただきました皆様すべてに、厚くお礼を申し上げます。

d design travel 編集長 神藤秀人

 

————————————————————————————————————

 

『d design travel KOCHI』3月全国発売!会場では先行販売も

d design travel KOCHI_cover.jpgのサムネイル画像

〜みんな共に生きている。高知は明るい。〜

北に四国山地、南に太平洋。どこにもない唯一無二の大自然県・高知。明るく楽観的な土佐の「おきゃく」に、信念を貫く県民性「いごっそう」と「はちきん」。今いるヒトと、今あるモノで、幸せはいくらでも生むことができる。みんなで歌おう、みんなで笑おう。そう、高知県のデザインは伝えているようだった。

 

高知号 表紙:『食パンを持ったバタコさん』©やなせたかし

どうしてバタコさん?アンパンマンには、誰でもなれる。困ったらみんなで一緒に解決しよう。幸せはいくらでも掴むことができる。山も海も人も動物も、共に生きている。人一倍、地域愛が強かった高知県。土佐人生粋の、誰それ構わず、酒を酌み交わす県民性「おきゃく文化」。そんな高知らしい、平和で明るい空気感が漂う、やなせたかしさんの書き下ろしのタブロー。いつみても笑顔と勇気をもらえます。

 

展覧会会場では、3月19日(火)全国発売の高知号を先行販売いたします。先着で、編集部のぐるぐるパスポートもプレゼント。

 

> 高知号web先行予約はこちら

d47 design travel store 店頭でもご予約受付中です。

 

 

————————————————————————————————————

 

d47 MUSEUMに期間限定のストアがオープン

 

kochi temiyage2.jpg

kochi temiyage1.jpg

 

高知号の取材を通して、本誌編集部が出会った、“高知らしい”デザインと、美味しい手土産のストアが会場内にオープンします。

<販売品例>

・「TOSAWASHI PRODUCTS」の領収書やご祝儀袋

・「北村染工場」の手ぬぐい

・「JOKI COFFEE」の珈琲豆やドリップバッグ

・「スタジオオカムラ」の黄金しょうがのジンジャエール

・「tretre(トレトレ)」の摘み草ブレンドティー

・「ピクルス屋いく農園」のピクルス    など

※写真は『d design travel 高知』掲載商品です。実際の販売品とは異なる場合があります。

 

————————————————————————————————————

 

「高知定食」が限定メニューとして登場

 

kochi teishoku_web.jpg

 

d47食堂スタッフが高知県を旅して、名物や伝統料理を食べ歩き、生産者に取材しながら「その土地らしい定食」を考えました。

もてなしの郷土、高知県の、おきゃく定食。柚子酢を使った田舎寿司、にんにく葉のぬたをを使った料理が登場する「高知定食」は、3月7日(木)〜4月22日(月)(予定)まで、d47食堂でお召し上がりいただけます。高知のお茶やお酒なども合わせてお楽しみください。

 

————————————————————————————————————

 

3月12日(火)出版記念イベントを開催

 

iwate taberukai.jpg

 

約2か月間の取材に関する様々なエピソードを、編集部が語り尽くす出版記念トークを開催します。旅の間で撮影した写真も数多くお見せするスライドショー形式で、高知展の舞台裏もご紹介します。さらに、高知県の料理を味わえる交流会「高知を食べる会」をd47食堂で開催。料理人自らが生産地を訪れ、食べて感動したものだけで開発した「高知定食」を中心に、"高知のおいしいもの”をご堪能いただきます。

【d design travel show と 高知を食べる会】

3月12日(火)19:00〜22:00 8/ COURTおよびd47食堂にて 詳細・お申し込みはこちらから。

 

————————————————————————————————————

 

d47落語会「高知県」

 

2_Web_release_kochi_1650x1000.jpg

 

本誌の発売に合わせ、各地を題材にした同時代の新作落語「47都道府県落語」を、1県に1つずつ、全県つくっていく「d47落語会」。古典落語を1席、高知県をテーマにした同時代落語スタイルで演じる創作落語を1席、そしてトークショーという3部構成で、高知県の「個性」や「らしさ」を、笑いを通して紹介していきます。

東京会場は3月28日(木)、3月29日(金)の2公演。高知会場は4月19日(金)です。落語好きの方も、これが初めて!という方もぜひお越しください。

詳細・お申し込みは こちら から。

 

 

COMMENTS