8/

04/d47 MUSEUM

d design travel KAGOSHIMA EXHIBITION

会 期 2018年6月15日(金) - 2018年7月30日(月)
時 間 11:00〜20:00(最終入館19:30)
場 所 d47 MUSEUM
料 金 入場無料
事前申込 不要

鹿児島県の個性を、「デザイン」と「旅」の視点から見る展覧会

 

現代、日本中が都市化されている中で、失われつつある「その土地ごとの個性」。そこには、その土地に長く続く暮らしがあります。私たちは、その暮らしの大切さを確認するため、47都道府県を1県ずつ1冊に編集した観光ガイド『d design travel』を、年間3冊のペースで制作しています。本展覧会は、『鹿児島号』の増補改訂版の発売を記念するものです。

約2か月間による取材で出会った鹿児島県の町や島。その個性的な暮らしは、それぞれ「海」を行き交い、他にはない、県で一つの大きな文化をつくっていました。離島の多さは日本でも有数、目の前に広がる海の"向こう"に、豊かな未来を夢見てきた鹿児島人。どっしりとした桜島に見守られながら、時代というあらゆる波を超え、島から飛び出し、世界、そして宇宙へと、日本を牽引してきました。それは、鹿児島県の人々にとっては当たり前の事で、ややもすると、その重要性が軽視されてしまう事もあります。独特な「創意と工夫」がその土地を守り、その土地で暮らす意味を教えてくれる 、"その土地ならではのデザイン" 。

この会場には、実際にその場所で使われている鹿児島県ならではの道具や日用品、建築の一部などを特別にお貸し出しいただき展示しています。展示品全てに、その場所の歴史と、現在に至るまでの進化があり、知れば知るほど興味深いものばかりです。展示品を通して、本誌では表せられない、実存する "鹿児島県ならではのデザイン" を体感していただけたらと思います。そして、ぜひ、この展覧会をきっかけに、鹿児島県、さらには、日本中を旅して「その土地ごとの個性」の大切さを感じてみてください。

最後に、本展覧会、および、本誌制作にご協力いただきました皆様すべてに、厚くお礼を申し上げます。

d design travel 編集長 神藤秀人

 

————————————————————————————————————

 

『d design travel KAGOSHIMA』7月全国発売!

鹿児島号2表紙_影あり.jpg

〜鹿児島は、大きな島であり"舟"のよう〜

目の前に広がる海の"向こう"に、豊かな未来を夢見てきた鹿児島人。個性が外と行き交い、他にはない、県で一つの大きな文化をつくってきた。時代というあらゆる波を超え、宇宙とだって交信する"海洋国家SATSUMA"。どっしりとした桜島に見守られながら、日本を牽引する"舟"のようだ。

※ 「鹿児島号」は2010年4月に、北海道に次ぐ2号目として初版が刊行されました。今回は、8年を経て進化する鹿児島を、新たに取材・編集した増補改訂版となります。内容もレイアウトも一新、鹿児島の個性がさらに深堀りされた「鹿児島号」をどうぞお楽しみに。

 

————————————————————————————————————

 

d47 MUSEUMに期間限定のストアがオープン

 

kagoshima_temiyage1.jpg

鹿児島号の取材を通して、本誌編集部が出会った、“鹿児島らしい”デザインと、美味しい手土産のストアが会場内にオープンします。

販売品例
「しょうぶ学園」が手掛ける木工のカトラリーやバッグ、「金井工芸」の泥染めの手ぬぐいやサンゴ、「沈壽官窯」の酒器、

「桜島ミュージアム」の椿油、「梅木本種子鋏製作所」の本種子鋏、「丁子屋」の醤油やなごみ酢、

「梅月堂」のラムドラ、「水間黒糖工場」の黒糖、「下園薩男商店」の旅する丸干しシリーズ、

「すすむ屋茶店」の煎茶や薩摩紅茶、「一湊珈琲焙煎所」のコーヒー豆

「大和桜酒造」を始め、県内各地の焼酎    など。

※写真は『d design travel 鹿児島』掲載商品です。実際の販売品とは異なる場合があります。

 

————————————————————————————————————

 

「鹿児島定食」が限定メニューとして登場

 

kagoshima_teishoku_8.jpg

 

d47食堂スタッフが鹿児島県を旅して、名物や伝統料理を食べ歩き、生産者に取材しながら「その土地らしい定食」を考えました。

主役はたっぷりの薬味に鶏出汁をかける奄美大島のおもてなし料理「鶏飯」。さつまいもや他の野菜を細切りにしたかき揚げ「ガネ」や、いちき串木野市「寺田屋」の無添加すり身を使ったさつま揚げなどが並ぶ「鹿児島定食」は、6月13日(火)〜7月30日(月)(予定)まで、d47食堂でお召し上がりいただけます。鹿児島の焼酎なども合わせてお楽しみください。

 

————————————————————————————————————

 

6月28日(木)出版記念イベントを開催

 

IMG_0271.jpg

約2ヶ月間、住むように現地取材を行った編集部が、今の鹿児島県の魅力、取材の裏エピソード、本展覧会の舞台裏をスライドトークでご紹介します。後半は、鹿児島県の料理や焼酎を味わう交流会で、"鹿児島らしさ”を体感してください。 

【d design travel show と 鹿児島を食べる会】

6月28日(木)19:00〜22:00 8/ COURTおよびd47食堂にて 詳細・お申し込みはこちらから。

 

————————————————————————————————————

 

鹿児島号、会場で先行販売

 

鹿児島ぐるぐるスタンプ.jpg

展覧会会場では、7月全国発売の鹿児島号を先行販売いたします。先着で、編集部のぐるぐるパスポートもプレゼント

※ 「鹿児島号」は2010年4月に、北海道に次ぐ2号目として初版が刊行されました。今回は、8年を経て進化する鹿児島を、新たに取材・編集した増補改訂版となります。内容もレイアウトも一新、鹿児島の個性がさらに深堀りされた「鹿児島号」をどうぞお楽しみに。

 

————————————————————————————————————


d47落語会「鹿児島県」

 

kagoshima_rakugo_2_1004x669.jpg

 

本誌の発売に合わせ、各地を題材にした同時代の新作落語「47都道府県落語」を、1県に1つずつ、全県つくっていく「d47落語会」。古典落語を1席、鹿児島県をテーマにした同時代落語スタイルで演じる創作落語を1席、そしてトークショーという3部構成で、鹿児島県の「個性」や「らしさ」を、笑いを通して紹介していきます。

東京会場は7月5日(木)、7月6日(金)の2公演。鹿児島会場は7月18日(水)です。落語好きの方も、これが初めて!という方もぜひお越しください。

詳細・お申し込みは こちら から。

 

 

_MG_4582.jpg 

 

COMMENTS