8/

03/ART GALLERY

  • ヴィクトリア・ジットマン展「On the Surface」Victoria Gitman "On the Surface"

    会 期 2014年3月19日(水) - 2014年4月14日(月)
    時 間 11:00 - 20:00
    場 所 8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery
    料 金 入場無料 Admission Free

     

    オープニングレセプション:3月19日(水)18:00 ー 20:00

    アーティストトーク:3月19日(水)18:30 ー

    
Opening reception: March 19 (Wed.) 18:00 ー 20:00

    Gallery talk: March 19 (Wed.)   18:30 ー

     

     

     

    ― 光が込められた絵画、ヴィクトリア・ジットマン展

     

    




ヴィクトリア・ジットマンの描くフランドル絵画のような、硬質で精緻な女性の横顔のポートレートには、しばしば描かれるネックレスがありました。あるとき彼女は、そのネックレスだけを描くことを思いつきます。これが後に、ビーズのポーチやネックレスなどを描くシリーズ「On Display」となります。

    彼女は骨董市などで描くモチーフを選びますが、そこでは純粋にそれが美的に優れたものかということだけを考え、特に、白いビーズのポーチには20世紀美術の粋が見て取れるといいます。フラットな背景に緊張感をもって配置される、幾何学的な文様のビーズのポーチやネックレスは、ソル・ルウィットやアグネス・マーティンの連続性を想い起させます。ポーチの規則的な模様を整然と画面に配置することで、ジットマンはモダニスト特有の絵画の平面性を示唆し、また絵の表面とフォルム、平面性と描かれているもの、視覚性と質感などを探求しています。

    作家は、まるでビーズ刺繍の行程を画面上で反復するかのように、ビーズ一粒一粒を描きますが、絵を描くのは朝から陽光があるうちに限られ、モチーフを描き終えたとき全体を包むやわらかい光は、モチーフが置かれている環境―光や風、湿度といった自然―をも感じさせます。

    「On Display」のシリーズに併行して、ヴィクトリア・ジットマンはルネサンス絵画のポストカードなどを元に女性のポートレートを描くシリーズ「The Beauties」を続けています。この小さな作品のシリーズでは、編み込みの髪や、パールの首飾り、金襴の袖といった、オリジナルの作品でも執拗に描かれていた細部が、さらに緻密に、執拗に小さな画面に描かれることで、オリジナルに潜んでいたフェティシズムが露になります。作家の興味を誘ったのは、この上なく飾り立てた女性が、まるで陳列(On Display)されるように額縁におさまる、という構造そのものです。ポーチとネックレスを描いた「On Display」のシリーズと同様、繊細なディテールがそれを目の前にした鑑賞者を惹き付けます。そうして生まれる絵画と鑑賞者との間の豊かな関係性が、彼女の作品の核となっています。

    本展覧会では、「On Display」のシリーズから、ペインティングとドローイングを展示いたします。光をまとい、静謐な空気を醸す、ヴィクトリア・ジットマンの写実を、ぜひご覧下さい。

    ヴィクトリア・ジットマンは1972年アルゼンチン、ブエノスアイレスに生まれ、10代でアメリカに移住し、現在はマイアミに拠点を置いて制作しています。1996年フロリダ国際大学を美術学と人文学で卒業。美術館での個展に、「Looking Closely: Paintings and Drawings」(2008年、ラスベガス美術館)、「On Display」(2005年、バス美術館、マイアミ)があるほか、ニューヨークのDavid Nolan Gallery、ロサンゼルスのDaniel Weinberg Galleryなど、アメリカを中心として個展を多数開催しています。作品はニューヨーク近代美術館、ロサンゼルスカウンティミュージアム、ホイットニー美術館などに収蔵されています。

     

     

     

     

     

    アーティストステートメント:On the Surface

     

    今回の展覧会に出展されているペインティングやドローイングは、「On Display」シリーズの一部であり、幾何学的な文様や、抽象的なデザイン、単純化された形を特徴としたヴィンテージのビーズポーチを描いています。無地の背景に平面的に置かれたポーチを描いたこれらの作品は、モダニスト的な抽象の形式的な要素を想起させ、また表面と形、平面性と描かれているもの、視覚性と質感、といった概念を探求しています。
このシリーズの各作品では、直接的で細緻な観察に基づいて、ポーチが実寸大で描かれています。一日に数センチずつ、ビーズ一粒一粒を積み上げていく。その作業が描かれているものに少しずつ変わっていく、骨の折れるプロセスです。結果として生じる粒状のイメージは、まずその構築性 ーフォルムを体系化していく要素の集まりー を可視化し、そしてゼウスの葡萄のように丁寧に並べられたビーズの幻想性へと導きます。

    正面に据えられたポーチは、模様の描かれた表面と平面的な画面とを繋ぐことで双方を同等のものとし、絵画の平面性というモダニスト的な理想を示唆します。ミニチュア化、結晶化された(架空の)ビーズの画面は、絵画の物質的な表面の代役となります。サイズが小さく、また細かく豊かなニュアンスをもった魅惑的な表面は、鑑賞者を近くへと惹きつけ、視覚的であるだけでなくまた触覚的でもあるような親密な鑑賞を誘います。これらのポーチは視覚と触覚が絡み合った絵画的欲求を引き出し、そうして生まれる絵画と鑑賞者の間の親密な関係が作品の核となっています。ポーチと絵画の間にある比喩的な類似を見出すことで、これらの作品はポーチをイメージとし、イメージをポーチへと装うのです。


     

    ヴィクトリア・ジットマン


     

     

     

     

     

    —————————————————————————————

     

     

    There was a necklace that appeared in many of Gitman’s female profile portraits – works which resemble those of Flanders in their crisp and delicate portrayal of the women. One day, she came up with the idea of painting only the necklace itself.  This led to her series of paintings of beaded purses and necklaces, "On Display”.

    She often selects her subject matter at places such as antique markets, where she is able to think only about what is unsurpassingly pure in its beauty: in particular, she says that in the object of the white beaded purse one may sense the formal elegance of 20th century fine art. The geometric patterns of these bead-pouches, tensely composed against flat backgrounds, evoke a continuity with the works of Sol Lewitt and Agnes Martin.  By aligning the patterned surfaces of the purses with the picture plane, Gitman alludes to the Modernist ideal of pictorial flatness and plays with concepts of surface and form, flatness and content, opticality and tactility.

    Precisely as if repeating the iterations of actual beaded embroidery, the artist paints each bead individually, limiting her painting time from morning onwards for as long as the sun is present in the sky. The soft light that envelops her motifs at the time when she must cease painting allows us to sense the light, air and humidity of the natural environments where her motifs are positioned.

    Concurrent with the series "On Display", Victoria Gitman also continues to work on the series ‘The Beauties,’ consisting of female portraits based on postcards of Renaissance paintings. In the resulting series of small works, details such as the braided hair, pearl necklaces and gold embroidery that even in the older works were diligently depicted, in the minute precision with which they are rendered here reveal something of the fetishism concealed in the originals. What fundamentally captured the artist’s interest was the structure itself of these images: these women who are decorated to an unparalleled extent fit into their frames precisely as if they too are ‘on display’. As in the series of purses and necklaces, the finely nuanced surfaces of the images lure the viewer close and elicit and intimate gaze, making the courtship between picture and beholder a central axis of her work.

     

    In this exhibition, paintings and drawings from the series ‘On Display’ will be shown. We invite you to enjoy the realism of Victoria Gitman’s artwork, brimming with the quality of sparkling light, as if distilling the essence of tranquillity.

    Victoria Gitman was born in 1972, in Buenos Aires, Argentina.  She moved to the USA in her teenage years and she presently lives and works in Miami. In 1996, she graduated from Florida International University in Fine Arts and Humanities.

    In addition to her solo exhibitions at art museums, including "Looking Closely"(Las Vegas Art Museum, 2008) and "On Display"(Bass Museum, Miami, 2005), she has also exhibited extensively at galleries centring on the United States, including David Nolan Gallery in New York and Daniel Weinberg Gallery in Los Angeles. Her works have been collected by such institutions as The Museum of Modern Art New York (MOMA), Los Angeles County Museum of Art, and the Whitney Museum of American Art.

     

     

     

     

    Artist Statement: On the Surface

     

    The paintings and drawings in this show, part of the series "On Display," depict vintage beaded purses that feature geometric patterns, abstract designs, and simplified shapes. With the purses posed flat against a neutral plane, they echo formal tropes of Modernist abstraction and play with concepts of surface and form, flatness and content, opticality and tactility.  Each work in the series is a life-size portrait of a purse limned from direct, close observation.  Covering just a few centimeters each day, the surfaces are slowly built up bead by bead, a painstaking process that turns facture into subject.  The resulting granular images at once expose their constructedness--an aggregate of units that schematizes forms--and become feats of illusionism, each bead faithfully rendered, like a Zeuxis grape.

    The full-frontal presentation of the purses aligns their patterned surfaces with the flat picture plane, equating the two and alluding to the Modernist ideal of pictorial flatness.  The (fictive) beaded planes become stand-ins, miniaturized and crystallized, for Painting's material surface.  Small in scale and finely nuanced, the seductive surfaces lure the viewer close and elicit an intimate gaze that is as much haptic as it is optic.  They thus bring to the fore a kind of pictorial desire in which vision and touch are entwined, and they make the courtship between picture and beholder a central axis of the work.  Playing with the metaphoric analogies between purses and paintings, the works pose purse as image and image as purse.

     

     

    Victoria Gitman

     

     

     

     

     

    —————————————————————————————

     

     

    COMMENTS