8/

07/Creative Lounge MOV

熊谷雲炎個展 Person in the eyes

会 期 2023年1月 5日(木) - 2023年1月 9日(月)
時 間 10:00 - 22:00 *最終日1/9は16:00まで
場 所 Creative Lounge MOV aiiima2
現代アートとしての書道の「今」を俯瞰的に見る、アートフェア形式のアートコンペ、ART SHODO FESTA。 その出展作家として、現在注目を浴びている書家「熊谷雲炎」の個展「Person in the eyes」を開催致します。

取手市を拠点に活動する熊谷雲炎(1965年生まれ)は、7歳から書を始め、文字の原点となる古代文字を用いて主な作品を書いている作家です。そして、日々の生活から生まれる感情や社会問題を女性ならではの視点で見つめ、書として表現する行為を続けています。
2016年には、守谷市のアーカスプロジェクトに参加。そして、2022年10月に開催された「ART SHODO SELECTION in Tokyo」にて、コマーシャルギャラリーが期待を寄せる新人として"次点"に選出されました。
現代アート界が注目する、コンテンポラリーな書家としての初個展となります。ART SHODO FESTA協力の元、厳しい心眼から生まれた新作を、この機会にお楽しみください。 

熊谷雲炎作品.jpg

 

 

熊谷雲炎 | Unyen Kumagai

1965年 東京都生まれ。7歳より書道を始める。
取手市、守谷市を拠点に書家・現代アーティストとして活動。アーカスプロジェクト、小学校、障害者施設、コミュニティ組織などで古代文字を取り入れたワークショップを多く開催。 子ども達に表現することの大切さを伝え、古典と現代、過去と未来に注目し、これから考えなければならない社会問題についてメッセージを発している。2021年ART SHODOに参加。

■主な展覧会■
2013年〜2019年CACA現代アート書作家協会所属、銀座、表参道、横浜などで多数出展。
2016年「アート書体験」WS アーカスプロジェクト
2017年「パメラン・ウォール展示vol.1」ARCUS PROJECT /「書アート体験100人プロジェクト」WS アーカスプロジェクト
2018年「書の自由と未来」守谷
2019年「古代文字で書くみんなの宇宙」つくば
2020年「地母神」nap gallery / 「150人の花」Arts Chiyoda3331 / 「3331おっ玉手箱」アーツ千代田
2022年「虫鳥魚の物語」取手 / 「Tokyo Shodo Week」三鷹 /「YOKOHAMA SHODO ART Fair」 横浜 / 「SHODO NEW AGE」(Eastern conference)市川 /「SHODO NEW AGE」(Western conference)京都 / 「幸せの種」守谷 / JIAS主催「第23回日本・フランス現代美術世界展」六本木 / 「書家による抽象表現展VI 」銀座 /「ART SHODO SELECTION in Tokyo」三鷹

COMMENTS