8/

02/CUBE

小笠原盛久展ー出会いのラプソディ "Rhapsody in the Air"71歳。期待の新人、初個展。
Hikarie Contemporary Art Eye vol.14 小山登美夫監修

会 期 2020年3月26日(木) - 2020年4月 3日(金)
時 間 11:00 - 20:00
場 所 渋谷ヒカリエ8/CUBE 1, 2, 3
料 金 入場無料
主 催 企画協力:秋吉風人  後援:名古屋芸術大学

日本の美術シーンを新しい視点で切り開く「ヒカリエコンテンポラリーアートアイシリーズ」の第14回目を開催します。

今回のヒカリエコンテンポラリーアートアイは、現在71歳の画家、小笠原盛久の初個展です。高校の時、美術を志しましたが夢はかなわず、市役所にて定年まで勤め上げました。

65歳の時に、再び美術をやろうと名古屋芸術大学に入学。大学3年生の時にはミラノに交換留学をして、その後、大学院を修了。

美術とは若い人がやるものという常識など全くおかまいなしに、若い同級生に大きく助けてもらい、その魅力的な絵を制作し続けていきます。

その、モチベーションはどこにあるのか!

71歳での初めての個展。いろんな人や風景に出会い、絵を描くという原初的な気持ちを見極めたい。

それが知りたくて、今回の展覧会を企画しました。(小山登美夫)

 

そして、企画の当初から、協力をいただいたアーティストの秋吉風人さんに、小笠原さんの推薦の言葉をいただきました。

 

『小笠原さんはやばい絵を描く。誠実で謙虚で温厚な71歳のルーキーの作品は、優しく、且つ常軌を逸している。

それを目の当たりにして興奮し、羨む作家は多分自分だけじゃないはず。是非皆に確認してほしい。』(秋吉風人)

 

 

 

プロフィール

 

portrait.jpeg

撮影:田村友一郎

 

小笠原盛久
 
1948年、愛知県に生まれる。高校卒業後、岡崎市市役所に勤める。
2019年、名古屋芸術大学大学院修了。
 

EVENT

オープニングレセプション: 3月26日(木)18:00-20:00 作家も在廊致します。

COMMENTS