8/

03/ART GALLERY

ダミアン・ハースト 「New Spot Prints」Damien Hirst "New Spot Prints"

会 期 2012年4月26日(木) - 2012年5月28日(月)
時 間 11:00 - 20:00
料 金 無料

 

 

 8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Galleryのオープニングエキシビションとして、ダミアン・ハースト 「New Spot Prints」展を開催致します。現代を代表する最も有名なアーティストの一人、ダミアン・ハースト。90年代初頭に発表した、巨大なサメをホルマリン漬けにしたセンセーショナルで挑発的な作品等が、美術界はもちろん多くの人に衝撃を与え、表現の新たな可能性を確信させるとともに、YBA(ヤング・ブリティッシュ・アーティスト)の代表格として現代美術史に名を刻みました。生と死をテーマにした一連の作品と並行して、合理的でシステム化を徹底した作品世界を生み出し、その代表作の一つである「スポット・ペインティング」シリーズでは、インタラクション(相互作用)をテーマとして、白のキャンバスにカラフルな色のスポットが規則的に配置され、相互に無限に関係しあう作品を作り出しています。このスポットは薬の錠剤を暗示するとも言われ、作品名は「プロブコール」(抗酸化剤)や「マンガンクロム」(塩化マンガン)など、すべて化学物質や薬物の名前になっています。今年の4月4日から、英国最大の現代美術館であるテート・モダンにて大回顧展も開催されています。

 彼の「スポット」シリーズ新作木版画を、8/ ART GALLERY/ Tomio KoyamaGalleryにて是非ご高覧下さい。

 

 

 

  We are pleased to present “Damien Hirst: New Spot Prints” as the inaugural exhibition of 8/ ART Gallery/ Tomio Koyama Gallery. Damien Hirst is one of the most famous artists working today. His provocative works, such as the huge shark in formaldehyde that caused a sensation in the early 1990s, have shocked the art world as well as the general public and demonstrated new possibilities of artistic expression. He engraved his name in the history of contemporary art as the leading figure of the YBA (Young British Artists). In parallel with these dramatic works on the theme of life and death, he created another world of art that was very rational and systematic. One of the best examples is the Spot Painting series. In these paintings, colorful spots are arranged regularly on a white canvas, setting up interactions between themselves that go on into infinity. The spots are said to refer to pills. The titles, such as Probucol (an antioxidant) and Manganese Chloride, all refer to drugs or chemicals. A major Hirst retrospective opened at the Tate Modern, the largest contemporary art museum in the U. K., on April 4. 

  We hope you will enjoy the new “Spot” series of woodblock prints at 8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery.

 

 

 

 

 

 

 

ダミアン・ハースト  Damien Hirst

 

【プロフィール】

 1965 年イギリス ブリストル生まれ。1984 年にロンドンに移住し建築現場で働いた後、1986 年~から1989 年までゴールドスミスカレッジにてファインアートを学ぶ。アートと生と死の複雑な関係性を表現する様々なイ ンスタレーション、彫刻、ペインティングやドローイングを制作し、在学中の 1986 年、最初の「スポット・ ペインティング」シリーズの制作を開始。1988 年には学生達によるグループ展’Freeze’を主催・キュレーショ ンを手がけ、この展覧会でハーストのみならず、ヤングブリティッシュアーティストの存在が一躍世に広ま るきっかけとなる。1995 年牛の親子をそれぞれ真っ二つに切断しホルマリン溶液に浸した作品 'Mother and Child Divided' にて、現代美術界で最も重要な賞の1つといわれるターナー賞を受賞。 近年は生と死、宗教、美、科学を大きな主題とし、8601 個ものダイヤを骸骨に散りばめた作品’For the Love of God'(2007 年)や、2008 年サザビーズでのオークションにて作品 244 点が全てハーストの新作が出 品されるなどセンセーショナルな話題を集める。現在まで 80 以上の個展と 250 以上のグループ展が世界中で 開かれており、今年 4 月 4 日から、テート・モダンにて大回顧展が開催中。

 

 

 

【Profile】

  Damien Hirst was born in 1965 in Bristol, England. Solo exhibitions include "The Agony and the Ecstasy," Museo Archeologico Nazionale di Napoli, Naples (2004); "A Selection of Works by Damien Hirst from Various Collections," Museum of Fine Arts, Boston (2005); Astrup Fearnley Museet for Moderne Kunst, Oslo (2005); "For the Love of God," Rijksmuseum, Amsterdam (2008); "No Love Lost," The Wallace Collection, London (2009); "Requiem," Pinchuk Art Center, Kiev (2009); and “Cornucopia,” the Oceanographic Museum of Monaco (2010). "Damien Hirst", Tate Modern, London (2012). He received the Turner Prize in 1995.

 

 

 

 

COMMENTS