8/

01/COURT

東京渋谷のデザイントラベルを考える『d design travel WORKSHOP 渋谷』号をつくるワークショップ

会 期 2021年12月 4日(土)
時 間 15:00 - 18:00
開場時間 14:30
場 所 渋谷ヒカリエ8/COURT
事前申込
申込受付は終了いたしました(2021.8.29)
渋谷WS号、制作ワークショップの参加受付は8/29をもちまして終了いたしました。たくさんのお申込をありがとうございました。
主 催 主催:渋谷ヒカリエ Creative Space 8/ 、運営:D&DEPARTMENT PROJECT『d design travel』編集部

デザインの視点で「東京渋谷」の観光ガイドを制作するワークショップが始まります。

開催日程: ①9月20日(月・祝)15:00〜17:00(開場14:30)

      ②10月30日(土)15:00〜18:00(開場14:30)

      ③12月4日(土)15:00〜18:00(開場14:30)

東京都渋谷。大都会とされる街にも、現在に至る歴史があり、個性があります。私たちは、「渋谷」という街に対して、「若者の街」「サブカルチャーの街」など、個々それぞれのイメージを持っているかもしれません。地方から上京した人にとっては、一度は訪れたい街なのかもしれません。
目まぐるしく変化していく渋谷の、「渋谷らしさ」を考えた時、デザインという視点で「渋谷の魅力」を掘り下げた時、そこにどんな風景が見えるのでしょう。
いつの時代にも忘れてはならない普遍的な魅力なのか、最新の流行を追い変化し続ける街の姿なのか、このワークショップを通して「東京渋谷」の魅力を、参加者の皆さんと一緒に掘り下げていきたいと思います。
 
今回、東京渋谷が持つ個性や魅力に着目し、町づくりについて考え、渋谷の魅力を伝える観光ガイドを24名の参加者と一緒に制作します。その土地らしさや個性を考え、魅力を発見していくことは、単に観光ガイドを作るということ以上に、「考える力」や「伝える技術」を磨くことにつながります。
誌面制作は3回のワークショップで構成され、渋谷らしい魅力溢れるスポットの選定から、取材の方法、そして街の魅力を自分たちの言葉で伝える文章の書き方や、写真の撮影方法など、基本的な編集の方法について学びながら、観光ガイドを作り、2022年4月の渋谷ヒカリエ10周年記念での発刊を目指します。
 
__________
 
・ワークショップ①
第1部:8月29日のグループディスカッションで挙がったおすすめスポットについて検討し、取材候補地を決めます。
第2部:ロケハン(取材候補地視察)のポイントをレクチャー
宿 題:実際にロケハンに行ってくる
・ワークショップ②
第1部:ロケハンの発表会
第2部:取材のマナー、写真の撮り方、原稿の書き方のレクチャー
宿 題:取材をして原稿を書く
・ワークショップ③
第1部:編集部による添削例を見ながら、原稿執筆の注意点を学ぶ
第2部:グループごとの個別添削、校正確認のマナーをレクチャー
宿 題:原稿を修正し、校正確認を受ける
 
 
ワークショップの詳細や、これまでに発行したWORKSHOP号のエピソードは、こちらのページをご覧ください。
 
__________
 
 
\皆さんおすすめの「渋谷らしさ」を教えてください!/
渋谷ヒカリエ8Fのd47 design travel store店頭では、渋谷らしいトラベルスポットを募集しています。お店へお越しの際は、ぜひ皆さんのおすすめを教えてください。

hidetoshindo-thumb-150x150-10473.jpg

神藤 秀人(しんどう・ひでと)/d design travel 編集長

1980年、東京生まれ。ロングライフデザインの視点で編集し、47都道府県に1冊ずつ発刊を目指すトラベルガイド『d design travel』誌の編集長。編集・執筆・写真撮影など制作の全般を担当するほか、渋谷ヒカリエ・d47 MUSEUMで開催する『d design travel』と連動した展覧会の構成を担当。毎号、特集する県を車で走り回り、展示物をピックアップする旅にも出る。昨年10月より茨城県に滞在取材し、最新刊「茨城号」を3月全国発売。

COMMENTS