8/

02/CUBE

「世界遺産のあるまち~田辺」by Jimmy Ming Shum世界で二例しかない、貴重な“巡礼の道”の世界遺産登録10周年を迎えて

アーティスト:Jimmy Ming Shum 沈平林(香港)〈フォトグラファー〉

会 期 2014年4月15日(火) - 2014年4月23日(水)
時 間 11:00 - 20:00(23日のみ11:00-16:00。15日は関係者のみの内覧会、16日から一般公開となります。)
場 所 CUBE 1, 2, 3
料 金 入場無料
主 催 和歌山県田辺市
田辺市に関するお問合せ 田辺市企画部企画広報課 担当:大久保、鍋屋
TEL:0739-26-9963 FAX:0739-22-5310 E-mail: kikaku@city.tanabe.lg.jp
和歌山県田辺市は、2004年に世界遺産に登録された「紀伊山地の霊場と参詣道」が10周年を迎える本年、東京・渋谷ヒカリエにて写真展「世界遺産のあるまち~田辺」を開催します。
本写真展は「道が人をつなぎ、人が未来を創る」をコンセプトに、日本はじめ国際的に活躍する香港人フォトグラファーJimmy Ming Shumを起用し、世界で二例しかない貴重な“道”である熊野古道を始め、その地に生きる人、暮らし、味や仕事を切り取りました。そこには私達が気付かない、まちの顔やちいさな再発見が隠れていました。是非お越しください。
詳細はこちら: http://www.city.tanabe.lg.jp/kikaku/photo_exhibition.html



■関連企画

写真展オープニングイベント「市長による出張語り部 熊野講座」
場所: COURT
日時: 4月16日(水) 18:00~20:00
内容: 田辺市の真砂充敏市長が、昔の熊野比丘にならい、熊野の歴史をお話しします。当日は、田辺の梅酒をお楽しみいただきながら、お話しをお聴きください。
予約: メール受付 tanabe.eigyou@city.tanabe.lg.jp [氏名・連絡先をご記入下さい]


「和歌山 田辺定食」&「田辺の梅酒BAR」 with d47食堂
場所: d47食堂
日程: 4月4日(金)~4月23日(水)(予定)
内容: d design travel 編集部が旅先で出会った方々から仕入れた四季折々の食材をつかう定食屋「d47食堂」では、本写真展に合わせて田辺の味をぎゅっと詰め込んだ「和歌山 田辺定食」と田辺産の梅酒を使った「梅酒BAR」を提供いたします。田辺の豊かな食文化を、ぜひお楽しみください。


「田辺のいいものセレクション販売」 with d47 design travel store
場所: d47 design travel store
日程: 4月19日(土)&20日(日)の2日間
内容: 「その土地らしいこと。」「その土地の大切なメッセージを伝えていること。」「その土地の人がやっていること。」「価格が手頃であること。」「デザインの工夫があること。」をテーマに47都道府県の魅力を発見し応援するd47 design travel storeが見つけた、和歌山県田辺市の土地のモノを、2日間限定で販売いたします。当日は生産者の方も田辺市から参上し、直接皆様に田辺の魅力を熱くご紹介いたします!

Jimmy Ming Shum 沈平林(香港)〈フォトグラファー〉

サンフランシスコ・アート・インスティテュートでBFAを取得し、Pratt Institute New Yorkに留学。その後香港に戻りフォトグラファーとしてテレビコマーシャルなどを制作。2003年に香港ヘリテッジミュージアムまた2004年には清里フォトアートミュージアムに若手写真家の一人として作品が収蔵された。2005年、米国の雑誌Surface Magazineの"Avant Guardian Award"受賞。
VogueやMen’s Uno等のファッション雑誌を中心に活躍し、香港や台湾、中国では最も売れている写真家として、台北での個展なども開催している。近年は日本での活動も目覚ましく、2013年に写真集「G郷ひろみ」を台湾で撮り下ろすほか、松山ケンイチ、松田龍平、中村獅堂らの俳優の撮影なども手掛けている。 

COMMENTS