8/

01/COURT

GOOD MAD 長田真作 原画展

会 期 2018年1月 5日(金) - 2018年1月14日(日)
時 間 11:00 - 20:00(初日は15時から、最終日は17時までとなります)
場 所 COURT
事前申込 不要
主 催 リトルモア、PHP研究所、岩崎書店、現代企画室、方丈社、国書刊行会、OURET 
問合せ:03-3461-5082(現代企画室)

2016年デビュー以来、破竹の勢いで活躍する絵本作家・長田真作。軽々とジャンルを横断する長田のクリエイターとしての魅力を存分に伝える原画展。

長田真作は、2016年に3冊の絵本を刊行してデビュー。2017年にも現代企画室より「カオス オペラ」シリーズ三部作を刊行するほか、国書刊行会、方丈社、PHP研究所など各社から作品を刊行するなど、破竹の勢いで活躍している絵本作家です。そのPOPな画風と独得の疾走感がある世界観は各方面から注目を集め、漫画『ONE PIECE』連載20周年記念ムックへのスピンオフ絵本の連載(連載をまとめた単行本は2018年2月に集英社より刊行予定)、ファッションブランドOURET(http://www.ouret.jp/)へのデザイン原画提供など、多分野のクリエイターたちとの協働が始まっています。絵本をベースにジャンルの垣根を軽々と跳び越えて活動する、次世代を牽引するクリエイターのひとりである長田真作の現在時の魅力を余すところなく伝える原画展を、渋谷ヒカリエ 8/01/COURTで開催します。

 

 

<プロフィール>

蠎・ア逕ィ逕サ蜒・nagata_shinsaku.jpg

長田真作

1989年、広島県呉市に生まれる。2014年より独学で絵本の総画活動を始める。2016年に『あおいカエル』(リトルモア)でデビュー。これまでに『タツノオトシゴ』『コノトカバ』(以上、PHP研究所)、『かみをきってよ』(岩崎書店)、『きみょうなこうしん』『みずがあった』『もうひとつのせかい』(以上、現代企画室)、『ぼくのこと』(方丈社)、『風のよりどころ』(国書刊行会)を刊行している。

COMMENTS