8/

01/COURT

made in Seto~瀬戸ツクリテの手仕事~

【出展作家】
穴山大輔(瀬戸窯元 翠窯:陶芸)、加藤達伸(三峰園窯:陶芸)、加藤真雪(染付窯屋 眞窯:陶芸)、左口 学(瀬戸切子:ガラス)、深田涼子(VIVID EARTHEN:陶芸)、水野智路(Tomoro Mizuno:陶芸)、山田貴子(Nijiiro Lamp:ステンドグラス)、山田典幸(木工房 玄扇屋:木工)、吉橋賢一(M.M.Yoshihashi:原型)

会 期 2017年10月27日(金) - 2017年10月29日(日)
時 間 11:00 - 20:00 (初日は14:00~/最終日は18:00までとなります)
場 所 COURT
事前申込 不要
主 催 瀬戸商工会議所、瀬戸市(協力:瀬戸信用金庫)

「せともの」という言葉を産んだ陶都・瀬戸。千年以上に亘るモノづくりの現場から、新たに発信される若きツクリテ9名の手仕事をご覧ください。

「せともの(瀬戸物)」にその名を刻む陶都・瀬戸。
この地にしかない良質な土・森・山・川は、やきものづくりに始まり、ガラス工芸、木工芸…とさまざまなツクリテを育んできました。
千年以上に亘るモノづくりの現場から、新たに発信される手仕事の世界。瀬戸の今を代表する、若きツクリテ9名の作品展示・販売会です。瀬戸伝統の技に新たな感性を加えた器たち、吹きガラスに曲線のカットが映える瀬戸切子、優しい光のステンドグラスランプ、美しい幾何学文様のせと組子。毎日の暮らしに彩りを添えるmade in Setoの一品が揃います。あなたのお気に入りをぜひ見つけてください。
 
 
 
Made in Seto
Craftworks by artisans of Seto
 
Rich soils, forests, mountains and rivers of Seto, the ceramic capital of Japan, have developed a variety of craftworks for over 1000 years.
Pieces of works by 9 young artisans representing Seto are being exhibited and can be purchased.
Pottery tableware created with Seto’s traditional techniques and new sensibility, Seto Kiriko (Seto cut glass) with beautifully curved cut on the blown glass, stained glass lamps that glow mildly, and Seto Kumiko with beautiful geometric patterns. Color your life with your favorite “Made in Seto”.
 

COMMENTS