8/

02/CUBE

田中芳 「河 1」 雲肌麻紙に墨、岩絵具、銀箔 h155×w480cm

田中芳けれども、たしかにある光

田中芳 Kaori Tanaka

会 期 2013年1月23日(水) - 2013年2月 4日(月)
時 間 11:00 - 20:00
場 所 CUBE 1, 2, 3
料 金 入場無料
主 催 アートフロントギャラリー

田中芳(たなか かおり)は、草や木や石や土、降る雨や雪、流れる水、吹く風など、自然をテーマにしながら大胆な構図で描く日本画家です。「庭」「流れ」「松」など具体的なイメージの作品から、近年は「□△○」など支持体が幾何学形になったり、「線」「塵」のシリーズでは一本の抽象化された線で自然観宇宙観を表現しています。いずれの作品も銀箔や金箔、玉虫箔などが使用されており、箔の持つ雅で華やかな輝きを活かしつつも、作風はこのうえなくシンプルでモダンです。そこには本当に必要なもののみを選び取る丁寧さと潔さを感じ取ることができます。伝統に学びながらも新しく開かれた田中芳の洗練された美の世界をご堪能ください。会期中には画業25年の作品集「田中芳 けれども、たしかにある光」を発行予定です。

 

代官山のアートフロントギャラリーでも1月11日(金)から27日(日)まで別作品での展覧会が開催。
詳しくはこちら http://artfrontgallery.com/exhibition/archive/2013_01/956.html

COMMENTS