8/

03/ART GALLERY

佐藤翠展「Fascinated Times」Midori Sato “Fascinated Times” 

会 期 2014年1月15日(水) - 2014年1月27日(月)
時 間 11:00 - 20:00
場 所 8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery
料 金 入場無料 Admission Free

オープニングレセプション:2014年1月15日(水)18:00 ー 20:00

◉アーティストトーク:2014年1月15日(水)18:30~  

 

 

 

佐藤翠は1984年愛知県生まれ。現在は名古屋市を拠点に制作しています。

 

色とりどりの服が詰まったクローゼット、高いヒールの靴が勢揃いした棚、鮮やかに彩られた花々など、女性であれば一度は憧れる光景を佐藤翠は私たちに見せてくれます。一方作品の細部へ目をやると、大胆なタッチや意図的な塗りムラは対象の輪郭を曖昧にして抽象性を帯びていき、観る者をそのまま画面の中に取り込むような吸引力を発揮します。

 

芥川賞受賞作家・中村文則の小説『去年の冬、きみと別れ』(2013年、幻冬舎の装画、また『花椿』(資生堂では原田マハの短編小説の挿画を手がけ、今年3月には伊勢丹新宿にて公開制作を行うなど、佐藤翠はその活躍の場を広げています。「VOCA2013現代美術の展望新しい平面の作家たち」(2013年、上野の森美術館、東京では大原美術館賞を受賞。受賞作は同美術館に収蔵され「Ohara Contemporary」(2013年、大原美術館、岡山にも出展されました。

 

今回の展覧会には、イギリス滞在時に制作した作品が出品されます。観る者を幸福へと誘う宝石のような作品をぜひご覧ください。

 

 

 

 

さらに詳しいアーティスト情報は以下のリンクをご覧下さい。

http://koyamaartprojects.com/artists/midori-sato/

 

 

 

 


--------------------------------------------------

 

 

 

 

*Opening reception : January 15 (Wed.) 18:00 ー 20:00

*Gallery talk by Midori Sato:Starts from 18:30 on January 15 (Wed.)    

 

 

 

Midori Sato was born in 1984 in Aichi, Japan. She currently lives and works in Nagoya, Japan.

 

A closet packed full of colorful dresses, an array of high-heeled shoes on shelves, vividly colored flowers:Midori Sato shows us things that every woman yearns to see. Yet if we turn our attention to the details of her work, bold brushstrokes and an intentionally uneven paint coating tinge her subject matter with the contours of abstraction. This abstraction demonstrates the force of the power that draws the viewer into the picture plane.

 

Sato presented her work at “VOCA 2013” at the Ueno Royal Museum, Tokyo, and received the Judge’s Prize of the Ohara Museum of Art. The work that received this prize became a part of the collection of Ohara Museum of Art in Okayama and was exhibited at “Ohara Contemporary” this year.

 

The exhibition will present new works created during her stay in London. Sato’s treasure-like works will captivate the viewers’ attention and enhance their pleasure.

 

 

 

More information about Midori Sato : http://koyamaartprojects.com/en/artists/midori-sato/

 

 

COMMENTS