8/

03/ART GALLERY

ベンジャミン・バトラー展「Selected Trees」 Benjamin Butler “Selected Trees”

会 期 2014年1月29日(水) - 2014年2月17日(月)
時 間 11:00 - 20:00
場 所 8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery
料 金 入場無料 Admission Free

 

 

 

ベンジャミン・バトラーは1975年アメリカ、カンザス州生まれ。現在はオーストリア、ウィーンを拠点に制作活動を行っています。

 

バトラーは、具象と抽象の境界をなぞるような、風景や木々のペインティングで知られています。単純化されたフォルム、コントラストがはっきりした色、多様なブラッシュストロークは、ピエト・モンドリアンや、アメリカ抽象表現主義のフランク・ステラ、バーネット・ニューマンの作品を想起させます。しかし同時にバトラーの作品は、そういった美術史の定義やジャンル分けの垣根さえも忘れさせるような奥行きをも秘めています。数々のアーティストが取り組んできた自然に取材しながらも、オリジナルな絵画のあり方を追い求めるバトラーの作品をぜひご高覧ください。

 

バトラーは、ニューヨーク、ロサンゼルス、ウィーン、バーゼル、ベルリンなど世界各地で個展を行っているほか、2005年ニューヨークのP.S.1で開催された「Greater New York」に出展するなど、数多くのグループ展にも参加しています。

 

 

さらに詳しいアーティスト情報は以下のリンクをご覧下さい。

http://www.tomiokoyamagallery.com/artists/butler

 

 

 


--------------------------------------------------

 

 

 

 

 

Benjamin Butler was born in 1975 in Kansas, USA. He currently lives and works in Vienna, Austria.

 

Butler is well known for his paintings of landscapes and trees that exist on the boundary between representation and abstraction. Simplified forms, contrasting colors, and varying marks and brushstrokes evoke the early work of Piet Mondrian, and the American Abstraction of Frank Stella and Barnett Newman. At the same time, however, Butler’s works have a depth which allows us to transcend such art historical categorizations of definition and genre, and also to consider them in a contemporary context. Although his paintings use motifs found in nature, the favored subject of many artists, Butler is equally, or more, inspired by the language of abstract painting. Through recycling this language, he repeatedly reinvents his subject matters with new and surprising results.

 

Butler continues to exhibit in solo shows in cities around the world, such as New York, Los Angeles, London, Vienna, Basel, and Berlin, and also has been included in various group shows internationally, including PS1/MOMA’s Greater New York in 2005.

 

 

More information about Benjamin Butler : http://www.tomiokoyamagallery.com/artists_en/butler_en

 

 

COMMENTS