8/

01/COURT

【オンラインのみ開催】鹿児島×渋谷クリエイティブ・シンポジオン

会 期 2021年1月23日(土) - 2021年1月24日(日)
時 間 11:00 - 20:00 (最終日は18:00まで)
場 所 COURT
料 金 入場無料
事前申込 不要
※トークセッションのみ事前予約要
イベントウェブサイト申込フォームより参加申込
https://www.mbc.co.jp/kscs//
主 催 鹿児島市

【オンライン開催のお知らせ】

新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受け、ご来場者様の健康・安全面を第一に考慮した結果、会場での開催を中止し、一部コンテンツをオンラインにて開催させていただくことになりました。

ご来場を予定してくださっていた皆さまには、直前のお知らせとなりましたことを、深くお詫び申し上げます。

詳細はイベント専用サイトをご覧ください。

 

鹿児島×渋谷クリエイティブ・シンポジオン  2days開催

2回目の鹿児島×渋谷クリエイティブ・シンポジオン。
鹿児島市の発信するクリエイティブ振興イベントとして開催します。
 
クリエイティブ産業に取り組む鹿児島市が、今年も国内外で活躍するクリエイター達を招いたトークセッションと鹿児島市をキーワードとしたデザイン展示を行います。
古くから結びつきの深い「鹿児島市」と「渋谷区」。鹿児島最大のお祭り「おはら祭り」は23年前から「渋谷・鹿児島おはら祭り」として平成10年から渋谷でも開催されています。その縁は、鹿児島市と渋谷区は防災協定や観光・交流協定を結び、新しくなった区役所の1回には鹿児島の食を楽しめる食堂があります。渋谷のシンボル・ハチ公像の初代を制作した安藤照は鹿児島出身で、鹿児島にいまもある西郷隆盛像も制作しました。今も、鹿児島市立美術館にはハチ公像の原型となった作品が展示されています。
日本のクリエイティブの最先端が集積する街、渋谷で開催されるこのイベントは、鹿児島市のみならずこれからのローカル、そしてクリエイティブや働き方の新たなヒントを探る場として、多くの方にお楽しみいただきたいと思います。
 
 
<鹿児島×渋谷クリエイティブ・シンポジオン>
 
 
要参加予約 ※渋谷ヒカリエ来場及びオンライン》
 
<<SESSION_1>>  1.23 Sat  14:00-15:30 クリエイティブシティのつくり方
●ゲスト
柳澤大輔 面白法人カヤック 代表取締役CEO
井上貴至 内閣府地方創生推進事務局 参事官補佐
中馬秀文 鹿児島市産業振興部長
●聞き手
九法崇雄 KESIKI INC. パートナー/編集者       
坂口修一郎 BAGN Inc. 代表取締役
 
<<SESSION_2>> 1.24 Sun 14:00-15:30 これからのローカルビジネスの働きかた
●ゲスト
家入一真 株式会社CAMPFIRE 代表取締役       
佐々木康裕 Takramディレクター/ビジネスデザイナー   
横石崇 &Co. 代表取締役
●聞き手
九法崇雄 KESIKI INC. パートナー/編集者       
坂口修一郎 BAGN Inc. 代表取締役
 
||参加方法・申込はWebサイトより|| >>ご来場による参加とオンライン参加
 
 
 
《期間中常設 ※渋谷ヒカリエ来場のみ》
 
<<「かごしま暮らし」「mark MEIZAN」相談会>>※要予約
鹿児島市にあるクリエイターのハブを目指すクリエイティブ産業創出拠点施設「mark MEIZAN(マークメイザン)」が2日間、ヒカリエにやってきます。独自の取り組みや、活用に関しての相談。また鹿児島でのリモートワークやワーケーションなどなんでもご相談いただける体制でお待ちしています。
 
<<デザイン展示>>
鹿児島市が長く取り組む『かごしまデザインアワード』。地域の課題をクリエイティブで解決するためのヒントがつまった歴史あるアワードです。2020年12月に決まったばかりの最新の受賞作などを展示します。
 
<<「match MEIZAN」ご案内ブース>>
mark MEIZANが提供するクリエイターと企業、個人の連携送出を促すポートフォリオサービス「match MEIZAN」。鹿児島で何かはじめたい、鹿児島のクリエイターとつながりたいという方など、東京で接する数少ない機会で、この2日間、match MEIZANへの登録も可能です。
ウィズコロナ、ニューノーマルとして新たなフェーズに入った私たちの世界にあっての、クリエイティブと働き方、それぞれとローカルの関係性。多くの方に触れていただきたい2日間です。
 
 

COMMENTS