8/

02/CUBE

Rafał Bujnowski, “Moon”, 2011/2017, oil on canvas, 35 x 35 cm

"FORMY" Rafał Bujnowski / Michelle RawlingsHikarie Contemporary Art Eye vol.11 小山登美夫監修

会 期 2019年1月 2日(水) - 2019年1月16日(水)
時 間 11:00 - 20:00 (※ 最終日は18:00まで)
場 所 CUBE 1, 2, 3
料 金 無料
主 催 Raster Gallery 
ul. Wspólna 63, 00-687 Warszawa, www.rastergallery.com 
(問合せ:formy@rastergallery.com)

日本の美術シーンを新しい視点で切り開く「ヒカリエコンテンポラリーアートアイシリーズ」の第11回目を開催します。

ポーランド・ワルシャワのギャラリーRASTERが企画する2人展。アメリカとポーランドのアーティストによる絵画を紹介します。

ポーランド語の“Formy”という語には、表面的あるいは3次元の形だけでなく、ふるまいといった意味が含まれています。またその語は、芸術における近代的革命、新たな芸術的および社会的形態を創造する思想と関連しています。ラファウ・ブイノフスキーとミシェル・ローリングスによる本展は、ポーランド南部とテキサス州の2つの全く異なる場所からの絵画を紹介します。ふたりのアーティストは、基本的な形や絵画の構造への関心を共通項としていますが、全く違った行為として各々独自の方法で絵画を制作しています。ブイノフスキーは、芸術的な手数を最小限に抑え、素早く、ほぼ機械的な単一の筆使いで像を形成します。一方でローリングスは、雑誌やインスタグラムから見つけたガーリーで単純な写真を、時間をかけて慎重に洗練された絵画へと転換します。どちらの絵画も、鑑賞者に「手描き」行為への回帰と、近代的な造形を示すという点で類似しています。それは機械的なイメージに溢れた世界との魅惑的なゲームなのです。

 

The word forms in Polish means both shapes—on the surface, as well as three-dimensional ones —but also possible ways of behavior. The word is also associated with a modern revolution in art: with the idea of creating new artistic and social forms. The joint exhibition of Rafał Bujnowski and Michelle Rawlings shows the painterly experience from two completely different places in the world—American Texas and southern Poland, which is connected by the interest in elementary forms and the construction of a painting.  Both artists use painting in their own peculiar way, acting completely differently.  Bujnowski limits his artistic means to a bare minimum, forming images with single, quick, almost mechanical brush strokes. Rawlings on the other hand takes simple pictures found in magazines or girlish Instagram accounts and converts them into paintings: sophisticated, time-consuming and meticulous—in terms of her workshop. However the effect in both cases is similar—a fascinating game with a world overloaded with mechanical images, offering the viewer a return to a "handwritten" gesture and modern discipline of form.

 

【アーティスト】

ラファウ・ブイノフスキー  RAFAŁ BUJNOWSKI

1974年、ポーランドのヴァドヴィツェ生まれ。クラクフ美術大学大学院にてグラフィックデザイン修了。現在はワルシャワを拠点に活動する。ポーランドにおける同世代のアーティストを代表するラディカルででインテリジェントな現代ペインターのひとりである。ブイノフスキーの作品は、一見かけ離れた絵画とコンセプチュアルアートを巧妙に融合している。 作品は絵画、ビデオ、立体、あるいはアクションと多岐にわたる。

1974 Born in Wadowice, Poland, Graduated MFA, Graphic Arts Department, Academy of Fine Arts, Krakow, PL.   Work and lives in Warsaw.  One of the most radical and intelligent contemporary painters in his generation, Bujnowski’s works are a brilliant blend of two seemingly remote artistic disciplines - painting and conceptual art.  The Bujnowski's successive projects include paintings, videos, objects or actions.

 

ミシェル・ローリングス  Michelle Rawlings

1980年、米テキサス州ダラス生まれ。ボストン美術館芸術大学卒業(BA)、ロードアイランド・スクールオブデザイン(MFA)修了。現在はダラスを拠点に活動している。ローリングスの親密な絵画は、視覚的な輝きと多重性、抑制した思考を兼ね備えている。

1980 Born in Dallas, TX.  2006 BA, School of the Museum of Fine Arts Boston, Boston, MA 2012 MFA, Rhode Island School of Design, Providence, RI.  Lives and works in Dallas. Rawlings' intimate painting combines visual brilliance and multiplicity with reticent contemplation. 

 

※1月10日(木)18:00-20:00 レセプションを開催いたします。

 

 

COMMENTS