8/

03/ART GALLERY

silence  2013  acrylic on canvas  130.0 x 115.0 cm  ©︎Hideaki Kawashima

川島秀明 展 [2001-2014]

Hideaki Kawashima / solo exhibition “[2001-2014]”

会 期 2018年11月22日(木) - 2018年12月17日(月)
時 間 11:00 - 20:00 会期中無休 Open everyday during exhibitions
場 所 8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery (Shibuya Hikarie 8F)
料 金 入場無料 Admission Free
オープニングレセプション:2018年11月22日(木) 18:00-20:00 (作家も在廊予定です)

Opening reception: Thursday, November 22, 2018  6-8pm (The artist will be present.)

この度、8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Galleryでは、川島秀明の個展[2001-2014]を開催いたします。
川島秀明は1969年愛知県生まれ。1991年東京造形大学卒業後、1995年から2年間比叡山延暦寺での仏道修行などを経て、2001年アーティストとしての制作活動を開始します。活動初期より、川島は一貫して自意識と向き合い、顔、そしてそこに現われる繊細で複雑な感情を描き続けてきました。川島作品を観る者は、うっすら塗られた色のグラデーションの巧緻さと、時に強く、時に憂いを帯びた魅惑的な眼や表情に引き込まれ、自分とどこか繋がる部分があるような、心揺さぶられるような感情を覚えるでしょう。

今までに国内外で多数の展覧会に出展しており、主な展覧会に、「Japanese Experience Inevitable」(ザルツブルグ近代美術館、オーストリア、2004年)、「ライフ」(水戸芸術館、2006年)、「アイドル!」(横浜美術館、2006年)、「Little Boy」(村上隆キュレイション、ジャパン・ソサエティー、ニューヨーク、2006年)など。2007年には韓国のポチョン・アジア・ビエンナーレにも出展し、2009年には韓国のKukje Galleryで、2011年、2014年にアメリカのRichard Heller Galleryで2度の個展を行っています。

本展では川島秀明[2001-2014]を奥の部屋に、手前の部屋には常設展示でジェームズ・キャッスル、風能奈々、工藤麻紀子、桑原正彦、デヴィッド・リンチ、染谷悠子を展示する予定です。また同時期に、小山登美夫ギャラリー(六本木)では新作展「Youth」を11月24日(土)から12月22日(土)まで開催。新旧の作品をお愉しみいただける2つの展覧会を、ぜひこの機会にご高覧ください。

 

川島秀明展「Youth」プレスリリース(小山登美夫ギャラリー、六本木)

http://tomiokoyamagallery.com/exhibitions/kawashima2018/



【川島秀明 プロフィール】

川島秀明は1969年愛知県生まれ。1991年東京造形大学卒業。現在東京を拠点に制作活動を行っており、2003年、2005年、2008年、2014年と小山登美夫ギャラリーでは4度の個展を行っています。主な展覧会に、「Japanese Experience Inevitable」(ザルツブルグ近代美術館、2004年)、「ライフ」(水戸芸術館、2006年)、「アイドル!」(横浜美術館、2006年)、「Little Boy」(村上隆キュレイション、ジャパン・ソサエティー、ニューヨーク、2006年)など、国内外で多数の展覧会に出展。2007年には韓国のポチョン・アジア・ビエンナーレにも出展し、2009年には韓国のKukje Galleryで、2011年、2014年にアメリカのRichard Heller Galleryで2度の個展を行いました。



...........................................................................


8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery is pleased to present "Hideaki Kawashima [2001-2014]".
Hideaki Kawashima was born in Aichi, Japan in 1969. After graduating from Tokyo Zokei University in 1991, Kawashima undertook two years of training in Buddhism at the Hieizan Enryakuji Temple from 1995, thereafter commencing his career as an artist in 2001. From the early years of his practice he has continued to confront his self-conscious, engaging in a means of portraiture that depict the delicate complexity of emotions harbored within the faces of his subjects. Kawashima's works captivate through their exquisitely subtle gradations of color, as well as the enticing gaze and facial expressions of his subjects that are at times powerfully penetrating, and in other moments permeate with an air of melancholy, evoking a certain sense of connection and deep emotional response within viewers.

Kawashima has presented his work in numerous exhibitions internationally and domestically. His major exhibitions include, "Japanese Experience Inevitable" (Museum der Moderne Salzburg, Austria, 2004), "LIFE" (Art Tower Mito, Ibaraki, Japan, 2006), "Idol!" (Yokohama Museum of Art, Kanagawa, Japan, 2006), and "Little Boy" (curated by Takashi Murakami, Japan Society, New York, 2006). In 2007 he took part in the "Pocheon Asia Biennale," followed by a solo exhibition at the Kukje Gallery (Seoul, South Korea) in 2009, and two solo exhibitions at the Richard Heller Gallery (Santa Monica, USA) respectively in 2011 and 2014.
This exhibition will feature "Hideaki Kawashima [2001-2014]" in a back room, and works by James Castle, Nana Funo, Makiko Kudo, Masahiko Kuwahara, David Lynch and Yuko Someya in a front room as a permanent exhibition.
In addition, the exhibition "Youth" (November 24 - December 22, 2018) will be held concurrently at Tomio Koyama Gallery (Roppongi) featuring a selection of latest works by the artist.


Please visit the link for The exhibition "Youth" at Tomio Koyama Gallery (Roppongi) .

http://tomiokoyamagallery.com/exhibitions/kawashima2018/