8/

03/ART GALLERY

The War is Starting Beyond the Sea  2001  oil on canvas 130.0 x 162.0 cm ©Toru Kawakubo

桑久保徹 [2001-2014]

Toru Kawakubo [2001-2014]

会 期 2018年9月13日(木) - 2018年10月 8日(月)
時 間 11:00 - 20:00
場 所 8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery
料 金 入場無料 Admission Free

この度、8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Galleryでは桑久保徹 [2001-2014]を開催いたします。 桑久保は、"絵を描く"という方法で、現代美術に立ち向かうためのやり方として、自分の中に架空の画家を見いだすという演劇的アプローチで制作活動をスタートしました。あえて今や古典的ともいえるゴッホのような油絵具の厚塗り技法を用い、現代的心象風景を物語性豊かに描く独自の世界は、国内外で高い評価を受けています。本展では初期から近年までのペインティング、ドローイング、写真作品を展示致します





桑久保徹は1978年神奈川県座間市生まれ。2002年多摩美術大学絵画科油画専攻卒業後、現在も神奈川県を拠点に活動を行っています。

主な個展に、「World Citizens with the White Boxes」(小山登美夫ギャラリー、東京、2008年)、「Out of Noise」(ギャラリー・ヒュンダイ、ソウル、韓国、2010 年)、「海の話し 画家の話し」(トーキョーワンダーサイト渋谷、東京、2010年)、「忘れることができない、素晴らしい一日」(小山登美夫ギャラリー シンガポール、シンガポール、2014年)があります。主なグループ展には「アーティスト・ファイル 2010 現代の作家たち」(国立新美術館、東京、2010年)、「あざみ野コンテンポラリーvol.2 Viewpoints いま『描く』ということ」(横浜市民ギャラリーあざみ野、神奈川、2012年)、「サイト -場所の記憶、場所の力-」(広島市現代美術館、広島、2013年) 、「グループ展東京画 ll:心の風景のあやもよう」(東京都美術館、東京、2013年)、「六甲ミーツ・アート芸術散歩 2016」(兵庫、2016年)、「A Calendar for Painters Without Time Sense 1. 3. 4. 5. 7. 8」(小山登美夫ギャラリー、東京、2018年)があります。

受賞歴として、トーキョーワンダーウォール賞 (2002年)、GEISAI#5 BT/美術手帖賞・小山登美夫ギャラリー賞(2004年)、第三回絹谷幸二賞(2011年)、VOCA展2012 奨励賞 (2012年)、第3回Dアートビエンナーレ最優秀賞 (2013年)があり、作品は、高松市美術館、高橋コレクション、タグチアートコレクション、第一生命保険株式会社、ジャピゴッツィコレクションなど、国内外で数多く所蔵されています。

 

 

詳しい情報は以下のリンクをご覧下さい。

http://tomiokoyamagallery.com/artists/toru-kuwakubo/

 

 

...........................................................................


8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery is pleased to present "Toru Kuwakubo [2001-2014]".
Toru Kuwakubo started his artistic practice with a theatrical approach, finding the figure of an imaginary painter within himself as a means to explore contemporary art through the medium of painting. His unique expressions created by a classical technique of layering thick oil paint to depict contemporary imagined sceneries reminiscent of the work of Van Gogh, have received acclaim both internationally and within Japan.
This exhibition will feature his early and the latest works encompassing paintings, drawings and photographs.




Toru Kuwakubo was born in Zama, Kanagawa in 1978. He graduated from the Oil Painting Department at Tama Art University in 2002.
His major solo exhibitions include "World Citizens with the White Boxes" (Tomio Koyama Gallery, Tokyo, 2008) "Out of Noise" (GALLERY HYUNDAI Gangnam Space, Seoul, Korea, 2010), "Telling of Sea, Telling of Painter" (Tokyo Wonder Site Shibuya, Tokyo, 2010), "One Wonderful Day Which Cannot Be Forgotten" (Tomio Koyama Gallery Singapore, Singapore, 2014) and "A Calendar for Painters Without Time Sense 1. 3. 4. 5. 7. 8" (Tomio Koyama Gallery, Tokyo, 2018). His major group exhibitions include "Artist File 2010 : The NACT Annual Show of Contemporary Art" (The National Art Center, Tokyo, 2010), "Azamino Contemporary vol.2 Viewpoints Drawing & Painting" (Yokohama Civic Art Gallery Azamino, Kanagawa, 2012), "Site: Place of Memories, Spaces with Potential" (Hiroshima MOCA, Hiroshima, 2013), "Tokyo Painting II | Mindscape between interior and exterior" (Tokyo Metropolitan Art Museum, Tokyo, 2013) and "ROKKO MEETS ART 2016" (Rokkosan Country House, Hyogo, 2016), Kuwakubo won the Tokyo Wonder Wall Award sponsored by Museum of Contemporary Art Tokyo in 2002. He also received the Bijutsu Techo Prize and the Tomio Koyama Gallery Prize at GEISAI#5, the 3rd Koji Kinutani Prize by the Mainichi Newspaper in 2011, VOCA Encouragement Prize sponsored by The Ueno Royal Museum in 2012 and the First Prize at the 3rd D-Art Biennale in 2013.
His works are included in numerous public collections including Takamatsu City Museum of Art, Takahashi Collection, The Taguchi Art Collection, The DAI-ICHI LIFE Insurance Company, The JAPIGOZZI Collection.



Please visit the link for more information.

http://tomiokoyamagallery.com/en/artists/toru-kuwakubo/

 



 


 

COMMENTS