8/

03/ART GALLERY

©︎Tomoko Nagai

長井朋子展 2006 - 2018 「ももいろと薔薇色のアトリエ 魔法」Tomoko Nagai 2006-2018 “Atelier in Peach and Rose Color, Magic”

会 期 2018年5月 2日(水) - 2018年5月28日(月)
時 間 11:00 - 20:00
場 所 8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery
料 金 入場無料 Admission Free

オープニングレセプション:2018年5月2日[水]18:00-20:00 /19:00- 建築家 髙橋一平氏を迎え、長井朋子とのギャラリートーク を行います。

Opening reception: Wednesday, May 2, 2018  6pm-8pm / Artist Talk 7pm-

 

 

関連イベント:長井朋子展 トークショー

 

8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Galleryでの長井朋子展 2006 - 2018「ももいろと薔薇色のアトリエ 魔法」の開催を記念して、作家の初の作品集「Thousands of Finches」の中でモデルとしてご参加いただいた俳優の片桐はいりさんをお迎えし、長井朋子、小山登美夫(小山登美夫ギャラリー代表)の3名によるトークショーを行います。

 

なお、長井朋子が装画を担当した「もぎりよ今夜も有難う」(キネマ旬報社)の販売を行います。 
トークショー終了後には、会場内で書籍をご購入いただいた方へ片桐はいりさんによるサイン会をいたします。皆様お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

 

日時:2018年5月12日(土)14:00-15:00  (開場13:30)

会場:8/ COURT(8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery向かい) 

入場料: ¥1,000(税込)

要予約 ※当日券も販売予定

 

<peatixからのご応募>

下記URLよりお手続きください

https://tomokonagaievent2018.peatix.com/view

 

<メールでのご応募>

下記アドレスまで、件名と本文に以下の内容をお書き添えの上お送りください

入場料は当日受付にて現金でお支払いください

event@tomiokoyamagallery.com

件名:「5/12トークイベント参加希望」

本文:お名前/連絡先/参加人数

 

<電話でのご応募>

03-6434-1493

 

 

 

長井朋子の作品には、森や部屋の背景に、たくさんの動物たちや、女の子、色とりどりの木やキノコなどが、まるで劇場のように配置されています。様々なモチーフが散りばめられた作品はどれも、空想の物語の世界が凝縮したような躍動感とイメージの層が複雑に重なり合う独特の空間性をもっています。絵画に加えて、立体制作や、インスタレーションも行う長井の作品は、多彩なマチエールや筆致、素材が不思議なリズムとなり、まるでひとつの音楽を奏でているかのようです。この旋律を感じる事で、わたしたちはいつの間にか彼女の作品世界の中に入り込んでいるのです。小山登美夫ギャラリーでは3年ぶり5度目の個展となる本展では、2006年からこれまで制作してきた作品を、新作と共に展示いたします。長井の大切なアトリエから生まれてきた作品が作り出す、魔法がかかった夢のような世界をぜひご堪能ください。



アトリエで過ごしてきた時間は、
ももいろで薔薇色で、魔法です。
“桃色のアトリエ”という、マティスの作品があります。とても大好きな作品です。
12年間で、幾つかのアトリエを持ちましたが、どの場所も、いとおしい空間でありました。
沢山の日々から生まれた作品、とっても昔のものも発表されます。
もちろん新作もです。
ドキドキのわくわくです。

長井朋子



長井朋子は1982年愛知県生まれ。2006年に愛知県立芸術大学を卒業し、現在は東京にて制作活動を行っています。2008年、東京オペラシティーアートギャラリーProject Nでの個展をはじめ、その後も京都、鹿児島、香港、シンガポールなどで個展を開催してきました。2017年には六本木ヒルズ A/D GALLERYで個展を行い、好評を博しました。2010年の「VOCA展2010 現代美術の展望-新しい平面の作家たち」(上野の森美術館、東京)に出展したほか、海外では、ヴェネツィア・ビエンナーレ関連企画展の「Future Pass - From Asia to the World」(Palazzo Mangilli-Valmarana、ヴェネツィア、2011年)や、ソウル、グルノーブル、ベルリンでのグループ展に参加しています。また、東日本大震災の被災地である宮城県七ヶ浜にある遠山保育所(設計:髙橋一平建築事務所。2013年に竣工)の再建に際し、園児のための屋外プールに絵を描くプロジェクトに携わり、NHK Eテレの番組「時々迷々」オープニングに作品を提供するなど、美術館やギャラリーでの作品展示に限らず幅広く活動しています。作品は高橋コレクション(日本)、オルブリヒト・コレクション(ドイツ)、ザブラドウィッチ・コレクション(イギリス)、ジャピゴッツィコレクション(スイス/アメリカ)など国内外に収蔵されています。

 

詳しい情報は以下のリンクをご覧下さい。

http://koyamaartprojects.com/artists/tomoko-nagai/

 

2007年の初めての個展をして以来、活発な作品制作をしている長井朋子の「いままでの」12年間の作品を見てもらいたく、この展覧会を企画しました。いつも、個展というと新作展ということになるのが常なのですが、アーティストは1年1年、変化したり成長したりしていきます。その流れをちょっと見てみたいという私の気持ちから出てきました。ほかのアーティストも今後、このような形で展示をしていきたいと思っています。その第1弾、長井朋子の展示をぜひお楽しみください。(小山登美夫)

 

............................................................................

 

In Tomoko Nagai’s works, various motifs such as animals, young girls, colorful trees and mushrooms are scattered against backgrounds of forests or rooms that appear reminiscent of theater sets. All of her works harbor a unique spatiality in which a sense of liveliness as if having condensed the world of fantasy, complexly overlap with the layers of the image. Nagai employs various media such as a sculpture and installation as well as a painting within her practice. This results in diverse matiere and levels of intensity that become elements and rhythms that together constitute a single musical score. In sensing this music, we as viewers unwittingly find ourselves entering the narratives of her work. This exhibition that marks the artist’s fifth time presentation at Tomio Koyama Gallery for the first one in three years, features works created since 2006 as well as a selection of her latest works. We invite viewers to venture into Nagai’s magical and dreamy world, conjured from her works that have been created in her cherished atelier.

 

The time I have spent in my Atelier is peach and rose colored, and is magic.

Matisse’s work “The Pink Studio,” is a work that I very much appreciate.

I have worked in several ateliers within the past 12 years and all have been precious places to me.

Presented are works that have been created as a culmination of many days, including works I made a long time ago. Of course, there will be a latest works as well.

I’m nervous but excited.

Tomoko Nagai

 

Tomoko Nagai was born in Aichi in 1982, and graduated from Aichi Prefectural University of Fine Arts and Music in 2006. She currently lives and works in Tokyo. She has held a solo exhibition at Project N in Tokyo Opera City Art Gallery in 2008, and in numerous other cities including Kyoto, Kagoshima, Hong Kong and Singapore. A solo exhibition of her works was held at Roppongi Hills A/D Gallery in Tokyo in 2017. She has also participated in “VOCA 2010” at The Ueno Royal Museum, Tokyo, as well as international exhibitions such as “Future Pass – From Asia to the World” a Collateral Event of the 54th International Art Exhibition la Biennale di Venezia (Palazzo Mangilli-Valmarana, Venice, 2011), in addition to other group exhibitions in Seoul, Grenoble, and Berlin. Asides from exhibitions, she has also worked on a project in which she painted the walls of the swimming pool in a Toyama nursery school (designed by Takahashi Ippei Office, 2013) located in Shichigahama town, Miyagi, one of the disaster-stricken areas of the Tohoku earthquake and tsunami. Nagai has also created work for a TV program’s opening title on NHK. Her works are housed in public collections including The Takahashi Collection (Japan), The Olbricht Collection (Germany), The Zabludowicz Collection (UK) and The JAPIGOZZI Collection (US/ Switzerland).

 

I have organized this exhibition in hopes to present an overview of Tomoko Nagai’s works created over the past 12 years up until now, as an artist who has been working energetically since holding her first solo exhibition in 2007. Although solo exhibitions are usually an occasion to present an artist’s latest works, the artists themselves are indeed developing and changing year by year. It is my desire to look upon the progressive course of such changes, and I also contemplate showing the works of other artists in this manner in future. I hope viewers will enjoy Nagai’s exhibition, which marks the first installment of this new style of presentation.  –Tomio Koyama


 

 

COMMENTS