8/

03/ART GALLERY

ニシジマ・アツシ展「Humor Identification 脱力と直観」

会 期 2017年11月22日(水) - 2017年12月20日(水)
時 間 11:00 - 20:00
場 所 8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery
料 金 入場無料 Admission Free

 

ニシジマ・アツシ 「パフォーマンス+トークイベント」 

会場:渋谷ヒカリエ8F 8/ COURT(8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery向かい)

会期:2017年12月10日(日) 14:00 - 15:30(開場 13:30)

要予約、入場無料

 

peatixからのご応募:

左記URLよりお手続きください。<http://atsushi-nishijima-2017.peatix.com/view

 

メールでのご応募:

下記アドレスまで、件名と本文に以下の内容をお書き添えの上お送りください。

event@tomiokoyamagallery.com

件名:「12/10トークイベント参加希望」

本文:お名前/連絡先/参加人数

 
  

.......................................

 

ニシジマ・アツシは、音をめぐる多様な側面を探求し、そこで得た知見と日常に潜む事象をもとに、パフォーマンス、サウンド・インスタレーション、平面・立体作品を制作しているアーティストです。

代表的なパフォーマンス作品である「Acoustical Scenery(揺動する音の風景)」では、ジョン・ケージの「偶然性の音楽」の方法論のひとつである「チャンス・オペレーション」に基づいてつくられた自身の図形譜の上に複数のロウソクを配置していき、様々な要因で変化する炎のゆらぎをライトセンサーにより音に反映、有機的な音場を出現させます。また「Ito Mono Stroke」は、音や筆致の匿名化をテーマに、ランダムに決定された色と線で、キャンバスの最小単位としてニシジマが支持体に選んだ凧糸に描いた絵画作品です。結界石やミュージサーカス(ジョン・ケージが発案した、様々な出来事が同時多発し共存する表現形態)などから着想を得た「Turner Curtain」は、ビーズの暖簾と棚というありふれた日用品が生むゆるやかな3次元の境界によって、私たちがどのように空間を把握しているかを再認識させます。こうしたニシジマの作品は、日常とアートの境界を揺るがせたフルクサスの実践と、そこに不可欠であったユーモアの、今日的な解釈を示すものと言えるでしょう。

8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Galleryでの初個展となる本展では、新作および過去の代表作を展示致します。 

 

ニシジマ・アツシは1965年京都生まれ。1989年大阪芸術大学音楽学科を卒業後、岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー(IAMAS)を修了。2001年アジアン・カルチュラル・カウンシルの助成によりニューヨークに滞在し、2014〜2015年には文化庁新進芸術家海外研修制度によりベルリンに滞在。現在は京都を拠点に制作しています。「Citycircus」(New Museum of Contemporary Art、ニューヨーク、1994 年)、「足りないOのために“KYTO”」(小山登美夫ギャラリー京都、2011年)など国内外の展覧会に多数出展する他、2007年から2012年まで継続的に開催されたジョン・ケージ生誕100周年記念コンサート「John Cage Countdown Event」(国立国際美術館、大阪ほか http://www.jcce2007-2012.org)を主宰するなど、精力的に活動を続けており、これまでに小杉武久、高橋悠治、高橋アキ、カール・ストーン、竹村延和、HACO、ヤマタカEYE等と共演しています。2017年6月から8月に開催されたコペンハーゲンでのグループ展「Japanese Connections」(ニコライ・アートセンター)にも参加しました。

 

 

............................................................................

 

 

Atsushi Nishijima explores sound and music from diverse perspectives, and presents performance, sound installation, and two and three-dimensional work based on the acquired knowledge and matters in everyday life.

 In his major performance piece Acoustical Scenery, Nishijima arranges a series of candles on graphic notations he made based on “chance operation,” one of John Cage’s methodologies of “Chance Music,” and uses light sensors to transcribe the variously caused fluctuations of flames which result in the emergence of organic fields of sounds. Ito Mono Stroke is a painting on a kite string, which Nishijima perceives as a minimum unit of canvas, depicting randomly selected colors and lines on the theme of anonymity of sounds and brushstrokes. The piece entitled Turner Curtain, inspired by “boundary stones” or “musicircus” (a mode of expression where diverse things are performed simultaneously, originally conceived by John Cage), encourages us to understand the way we perceive a certain space through means of a three-dimensional boundary created by ordinary daily objects such as a beads curtain and a shelf. Nishijima’s works present a contemporary interpretation of the practice and essential humor of Fluxus, which served to blur the boundary between art and life.

This marks Nishijima’s first solo exhibition at 8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery, and features new works as well as major pieces from his artistic career. 


 

Atsushi Nishijima was born in 1965 in Kyoto. He received his Bachelor’s degree from the Osaka University of Arts in 1989 and graduated from the International Academy of Media Arts and Science in Gifu in 2001. He stayed in New York with the Asian Cultural Council fellowship in 2001, as well as in Berlin in the Program of Overseas Study for Upcoming Artists by the Japanese Government’s Agency for Cultural Affairs in 2014-2015. He has presented work in numerous exhibitions including “Citycircus” (New Museum of Contemporary Art, New York, 1994) and “For Missing O ‘KYTO’” (Tomio Koyama Gallery Kyoto, 2011). Nishijima also organized “John Cage 100th Anniversary Countdown Event” (The National Museum of Art, Osaka, and other venues) through 2007 – 2012. He has performed with various artists / composers including Takehisa Kosugi, Yuji Takahashi, Aki Takahashi, Carl Stone, Nobukazu Takemura, HACO, and Yamataka EYE. He presented his work in “Japanese Connections” at Nikolaj Kunsthal in Copenhagen from June to August 2017. 

 

 

Related Event:

Atsushi Nishijima “Performance + Talk Event”

 

Venue: Shibuya Hikarie 8F, 8/ COURT

 (facing 8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery)

Date: Sunday, December 10, 2017 2pm-3:30pm

*This talk event will be proceeded only in Japanese.

 

Admission Free, reservation required

*send an e-mail to following address

event@tomiokoyamagallery.com

Subject: Talk Show, December 10

please include your name, e-mail address and a number of participants in your message.

 

 

 

 

COMMENTS