8/

03/ART GALLERY

Arboretum 2015 Bamboo, rattan, metal wire h. 250.0 x w. 200.0 x d. 10.0 cm ©︎Sopheap Pich Studio

ソピアップ・ピッチ展「desire line」

会 期 2017年10月27日(金) - 2017年11月20日(月)
時 間 11:00 - 20:00
場 所 8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery
料 金 入場無料 Admission Free

オープニングレセプション:2017年10月27日(金)18:00-20:00

Opening reception: Friday, October 27, 2017  6pm-8pm

 

 

8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery(渋谷ヒカリエ)では、カンボジアを代表する現代アーティスト、ソピアップ・ピッチ(1971-)の日本初個展「desire line」を小山登美夫ギャラリー(六本木)と同時開催致します。

 

ソピアップ・ピッチの作品は、木々や花などの植物、人間の解剖学や都市構造などからインスピレーションを得た、有機的かつ幾何学的な立体作品です。竹やラタン、ワイヤー、蜜蝋など、地域に根ざした素材を用いて目の粗い織り方で制作されているのが特徴で、透明性があり軽く見えながらも、機能的な構造による圧倒的なボリュームにより、空間全体にエネルギーが溢れ出ているように感じます。

 

ピッチは作品のテーマに関して次のように語ります。 「全ての作品にテーマがある。貧しさ、内と外との関係性、はかなさと堂々とした大きさの関係性、 軽さへの感覚、相互依存の比喩である。」(Brian Curtin「ソピアップ・ピッチへのインタビュー」、Flash Art、2010年1-2月号)

 

本展タイトルである「desire line」は、日本語で「けもの道」を意味します。今年2017年フロリダのラウシェンバーグレジデンシーで滞在制作した際、そこにけもの道があり、自然発生的にヒトが踏み固めることでできる道の面白さを感じてこのタイトルを思いついたといいます。出展作は「けもの道」からヒントを得た「Miroiise」「Moonstone」や、竹を細く裁断したものにインクをつけて表現した平面作品を含め、本展では2つの会場に合わせて13点の新作を発表致します。待望のソピアップ・ピッチ日本での初個展、是非この貴重な機会にご高覧くださいませ。

 

ピッチは1971年カンボジア生まれ、幼少期ポルポト政権下の悲惨な時代の中で育ちました。1979年には情勢不安から逃れる為に、家族でタイ国境近くの難民キャンプに5年間滞在。そこでNGOが運営するアートスクールに通い、ペインティングに興味を持ち始めました。1984年には一家でアメリカに移住し、1990年マサチューセッツ大学アマースト校に入学。医学を専攻しましたが、在学時にペインティングへの興味を捨てきれずファインアート専攻に転部し1995年に卒業。その後1999年シカゴ美術館附属美術大学ペインティング専攻を修了しています。 2013年NYのメトロポリタン美術館での個展や、2012年の第13回ドクメンタへの出展など、世界中の美術館展覧会や現代美術展に多数参加し国際的に活躍してきました。今年は第57回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展「VIVA ARTE VIVA」への出展(11月26日まで)及び「サンシャワー:東南アジアの現代美術展」では森美術館にて作品展示(10月23日まで)をしていました。また、作品はニューヨークのメトロポリタン美術館、グッゲンハイム美術館、パリのポンピドゥー・センター、香港のM+、シンガポール美術館、サンフランシスコ近代美術館等、世界各国の主要な美術館に所蔵されています。

 

関連イベント:カンボジアを代表する現代アーティスト、ソピアップ・ピッチ アーティストトーク

今回の展覧会や作品について語る、トークショーを開催します。※日本語通訳あり

 

日時:2017年11月4日(土)16:00-18:00(開場 15:30)

会場:8/ COURT(8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery向かい)

要予約、入場無料

 

<peatixからのご応募>

下記URLよりお手続きください

http://sopheap-pich-2017.peatix.com

 

<メールでのご応募>

下記アドレスまで、件名と本文に以下の内容をお書き添えの上お送りください

event@tomiokoyamagallery.com

件名:「11/4トークイベント参加希望」

本文:お名前/連絡先/参加人数

 

 

 

同時開催:

ソピアップ・ピッチ展 “desire line”

会場:Tomio Koyama Gallery 〒 106-0032 東京都港区六本木 6-5-24 complex665 2F 

会期:2017年10月28日(土)~11月25日(土)11:00 - 19:00 日月祝休

オープニングレセプション:2017年10月28日(土) 18:00 - 20:00 日月祝休

詳しい情報はリンクをご覧下さいhttp://tomiokoyamagallery.com/exhibitions/desire-line/

 

............................................................................

 

 

8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery and Tomio Koyama Gallery (Roppongi) will concurrently hold solo exhibitions of internationally prominent Cambodian artist Sopheap Pich “desire line”, his first in Japan.

 

Sopheap Pich creates sculptures with organic and geometric structures, inspired by bodily organs, vegetal forms, or cityscapes. Weaved with local materials such as bamboo, rattan, wire, and beeswax, his work embrace a sense of lightness, yet fills up the space energetically with its volume and functional structure.

 

On his work Pich states that "all the works have common themes: poverty, relationships between inside and out, ragility and monumentality, a sense of lightness, and metaphors of mutual dependence." (Interview with Sopheap Pich, Flash Art, January-February 2010).

 

his exhibition title came about during his stay at the Rauschenberg Residency in Florida (2017) where he found a path that had naturally emerged though the process of people repeatedly walking through a forest. The exhibition will feature 13 new works including "Miroiise", and "Moonstone", two works employing marble and rosewood roots which represent a more abstract yet intimate direction in his exploration of three-dimensional works. Also included in the show are new large-scale drawings using natural earth pigments which were created with a bamboo stick that the artist presses repeatedly on paper to create resonant and rhythmic lines in space. These works are progressions from the drawings shown at this year's Venice Biennale. This is the artist's first solo exhibition in Japan.

 

Pich was born in Cambodia in 1971, and grew up under the harsh and tragic Khmer Rouge regime. In 1979 his family stayed in refugee camps along the border of Thailand to escape from political instability. During that time Pich participated in an art school run by NGOs and became interested in painting. His family was able to migrate to the United States in 1984. In 1990 he entered the University of Massachusetts to study medicine, later transferring to the Department of Art, graduating in 1995. Subsequently he received an MFA in painting from the School of the Art Institute of Chicago in 1999. Pich’s work has been featured in numerous international museum exhibitions and biennials such as his solo exhibition at The Metropolitan Museum of Art in 2013 and Documenta 13. This year he is featured in the Venice Biennale, Viva Arte Viva (until November 26), and “Sunshower: Contemporary Art from Southeast Asia 1980s to Now” at Mori Art Museum (until October 23). His work is included in such major collections as Metropolitan Museum of Art, Solomon R. Guggenheim Museum, Centre Georges Pompidou, M+ (Hong Kong), Singapore Art Museum, and San Francisco Museum of Modern Art.

 

Artist Talk by Sopheap Pich

 

Date: November 4 (Sat.) 16:00 – 18:00

Venue: 8/ COURT (facing 8/ART GALLERY / Tomio Koyama Gallery)

Admission Free, reservation required

*send an e-mail to following address

event@tomiokoyamagallery.com

Subject: Talk Show, November 4

please include your name, e-mail address and a number of participants in your message.

 

 

 

Concurrent exhibition:

Sopheap Pich “desire line”

Venue: Tomio Koyama Gallery

 complex665 2F, 6-5-24, Roppongi, Minato-ku, Tokyo, 106-0032

Opening Reception: Saturday, October 28, 2017, 6pm - 8pm

Date: October 28 - November 25, 2017 11am-7pm, Closed: Sun., Mon., & National holidays

For more informations, please visit the following link. http://tomiokoyamagallery.com/en/exhibitions/desire-line/

 

 

 

COMMENTS