8/

03/ART GALLERY

Sleeping Stone, 2017, oil on canvas, 120cm x 150cm, ©︎Aya Ito

伊藤彩展「Sleeping Stone」Aya Ito “Sleeping Stone”

会 期 2017年9月28日(木) - 2017年10月24日(火)
時 間 11:00 - 20:00
場 所 8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery
料 金 入場無料 Admission Free

オープニングレセプション:2017年9月28日(木)18:00-20:00/アーティストトーク:19:00-

Opening reception: Thursday, September 28, 2017  6pm-8pm/Artist talk: 7pm-

 

 

独自のモチーフやプロセスで絵画を制作する伊藤彩。鮮やかな色彩の海に広がる、モチーフのユーモラスさと毒気が、見る者を中毒的な魅力に引き込みます。2年ぶりの個展となる本展では、1年間滞在したアイルランド・ダブリンで制作した絵画を中心に、新作数点を加えて展示します。

ジオラマ空間に様々なモチーフを取り入れ、頭の中のイメージをそのまま描き出すという試みに加えて、野菜などの生ものをそのままモチーフとして扱うようになるなど、その画面には変化が起きています。アイルランドで野菜農家を手伝いながら暮らしたことで野菜に愛着が湧いてきたように、もともとみかんに関わる仕事を生業としている家に生まれた彼女にとって、その日々は生活と制作が密に繋がるきっかけとなったのでしょう。日々の生活を大切にするアイルランドで、「何をテーマに作るか」より「作品とどのように向き合うか」に重きを置き始めた伊藤は、モチーフやドローイング一つ一つに向き合い、一度描いては寝かせ、時間をかけた画面との対話を始めました。「Sleeping Stone」というタイトルにも感じられるその対話は、作家自身の内面を掘り下げ、新たな領域を開き、時として新鮮な出会いをもたらしてくれるのでしょう。深淵に臨む伊藤の新たな世界を、この機会にぜひご高覧ください。

 

伊藤彩は1987年和歌山生まれ。2011年に京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻を修了。現在はアイルランドを拠点に制作しています。「Art Camp in Kunst-Bau 2007」(サントリーミュージアム[天保山]、大阪)でサントリー賞、「アートアワードトーキョー丸の内 2011」でシュウウエムラ賞及び長谷川祐子賞を受賞。これまでに「VOCA 2010 新しい平面の作家たち」(上野の森美術館)、「レゾナンス 共鳴 人と響き合うアート」(サントリーミュージアム[天保山]、2010年)、「和歌山と関西の美術家たち リアルのリアルのリアルの」(和歌山県立近代美術館、2015年)等に出展。2017年7月にはダブリンで「AYA ITO & ATSUSHI KAGA IT HAPPENS TO BE」(Pallas Projects/Studios、アイルランド)を開催するなど、精力的に活動しています。現在、兵庫県にて開催中の「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2017」に出展しております。

 

 

 

 

その他の展覧会:

「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2017」

会場:六甲山カンツリーハウス内 カンツリーグリル 〒657-0101 神戸市灘区六甲山町北六甲4512-98 

会期:2017年9月9日(土)~11月23日(木)10:00 - 17:00 会期中無休


詳しい情報はリンクをご覧下さいhttps://www.rokkosan.com/art2017/about/

 

 

............................................................................

 

 

Aya Ito creates paintings with her highly original motifs and process. The work expresses a dangerous humor that addictively attracts the viewer with its vivid sea of color. This exhibition is the first in two years and in addition to new work features work that Ito created during her yearlong stay in Dublin, Ireland.

Ito’s paintings have gone through changes: in addition to a new approach of arranging various motifs in the diorama and painting all images as they are in her mind, Ito has begun using various new motifs. She became fascinated with vegetables while living with and helping a Farmer’s family in Ireland. Her daily life and artistic practice became closely related naturally, perhaps, in part due to the fact that her family works with mandarin oranges. Ito started putting more emphasis on “how to deal with work” rather than which themes to use to create work, and began taking time to lie down and “talk” with each motif and drawing. The exhibition title Sleeping Stone suggests the dialogues in which she delves into the inner workings of herself, by going deep she is able to see a new horizon, and bring fresh encounters.

 

Aya Ito was born in Arida-city, Wakayama in 1987. She received MFA from Department of Painting, Graduate School of Art, Kyoto City University of Arts. She lives and works in Ireland. Ito received the Suntory award at “Art Camp in Kunst-Bau 2007” (Suntory Museum, Osaka), the Shu Uemura Prize and the Judge’s Prize (Yuko Hasegawa) at “Art Award Tokyo Marunouchi 2011”. Her major group exhibitions include “VOCA 2010” (The Ueno Royal Museum, Tokyo, 2010), and “RESONANCE” (Suntory Museum, Osaka, 2010), "Really Realistic Reality" (The Museum of Modern Art, Wakayama, 2015). She has recently presented work at “AYA ITO & ATSUSHI KAGA IT HAPPENS TO BE” (Pallas Projects/Studios, Ireland) in July 2017. She is currently presenting her works at "Rokko Meets Art 2017” in Hyogo.

 

 

Other exhibition:

“Rokko Meets Art ”

Venue: Rokkosan Country House

 4512-98 Kitarokko, Rokkosan, Nada-ku, Kobe, Hyogo Japan 657-0101

Date: September 9 - November 23, 2017 10am-5pm, Open everyday during the exhibition


For more informations, please visit the following link. https://www.rokkosan.com/art2017/about/

 

 

 

 

COMMENTS