8/

03/ART GALLERY

クゥワイ・サムナン 展「Enjoy My Sand」Khvay Samnang "Enjoy My Sand"

会 期 2015年10月21日(水) - 2015年11月 9日(月)
時 間 11:00 - 20:00
場 所 8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery
料 金 入場無料 Admission Free
オープニングレセプション:10月21日(水)18:00〜20:00
Opening reception: 10. 21 (Wed) 18:00 - 20:00
 
 
 
【クゥワイ・サムナン × 今村有策(トーキョーワンダーサイト館長)トークイベント】
 
8/ COURT、渋谷ヒカリエ8階 (8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Galleryとなり)
2015年10月21日(水)18:00〜19:30
開場/17:45
入場無料、ご予約不要
主催/小山登美夫ギャラリー
協力/トーキョーワンダーサイト
 
ご予約不要、開場後、自由席でのご案内になります。ぜひ皆様お誘い合わせの上、お越しください。 
 
 
 
【Talk Event by Khvay Samnang and Yusaku Imamura (Director of Tokyo Wonder Site)】
 
8/ COURT (in front of 8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery on the 8th floor of Shibuya Hikarie)
October 21 (Wed.), 2015 
18:00 – 19:30
 
Doors open: 17:45
Admission: Free
Booking: NOT required
Organizer: Tomio Koyama Gallery
Cooperation: Tokyo Wonder Site
 
----------------------------------------------------------------------------------------------
 
カンボジアで最も重要な若手アーティストの一人であるクゥワイ・サムナンは、写真、ビデオ、インスタレーション、彫刻、そしてパフォーマンスなど様々なアプローチによって、歴史、文化、様々な事象についての新たな視点、解釈を探求しています。主にカンボジアという特定の文脈におけるテーマをとりあげますが、彼の作品は往々にして普遍的なものも映し出します。

土地にまつわる流動性、歴史性、継続する社会的・政治的な問題に彼は興味をもってきました。

写真、ビデオ作品「Untitled」(10〜11年)は、開発のために埋め立てられ、住民が立ち退きになったプノンペンの湖で、アーティスト自身が砂をかぶるというパフォーマンスを収めたものです。

「何かについて学びたければ、十分に時間を費やし、そして本当に楽しまなければならない」。そう話すクゥワイの作品はユーモアに満ちたものが多く、今回展示する「Enjoy My Sand: Samnang Cow Taxi in Singapore」は、人間の髪の毛で作った大きな牛の角を頭につけ、シンガポールにあるビーチで出会った人々をおんぶするというパフォーマンスを収めたものです。この「Cow Taxi」シリーズのパフォーマンスは、2010年に彼がトーキョーワンダーサイトのレジデンスに滞在中、浅草で手製の人力車を使って行われ、翌年カンボジアでも行われています。「Enjoy My Sand」は土地・資源管理をめぐる地政的、経済的な問題に対する彼のユーモラスな批評であり、そこには埋め立てが盛んに行われ、海岸線が常に拡大するシンガポールへ、カンボジアから砂が輸出されているという背景があります。一見滑稽な行為のように思えるパフォーマンスの中に、何層も意味や象徴性、問題提起をもたせるのがクゥワイの作品の特徴といえます。

 

クゥワイ・サムナンは1982年カンボジア生まれ、2006年にプノンペンのRoyal University of Fine Artsを卒業。プノンペンのSA SA BASSAC(11、12、14年)、小山登美夫ギャラリーシンガポール(14年)で、また今年はパリのジュ・ド・ポーム国立美術館とボルドー現代美術館(CAPC)で個展を開催、主なグループ展に第4回シンガポールビエンナーレ (13〜14年)、「Sights and Sounds: Global Video Art」(The Jewish Museum、ニューヨーク、13年)などがあり、また今年11月から開催の第8回アジア・パシフィック・トリエンナーレにも出展します。クゥワイは2010年、2011年にトーキョーワンダーサイトのTWSクリエーター・イン・レジデンスに滞在、また去年よりベルリンのBethenian Kunstlerhausで滞在制作しています。

 

 

 

Khvay Samnang is one of Cambodia’s most important artists amongst the new generation. Using many approaches such as photography, video, installation, sculpture and performance, he explores new perspectives and interpretations of history, culture and current affairs. He often deals with themes related to the Cambodian context, which, in his humanistic approach also reflects on universal themes.

Fluidity, historical significance, and ongoing social and political issues around land have fascinated Khvay for many years. His photographic and video work “Untitled” (2010-2011) shows the artist pouring sand over himself in Phnom Penh’s lakes, many of which have been filled with sand for private development with forced eviction of many residents. “If you want to learn, you must spend time, and really enjoy! said Khvay, whose work is often filled with sense of humor. This exhibition features “Enjoy My Sand” where the artist wore large horns made with human hair and carried people he met at the beach in Singapore. This “Cow Taxi” series continues from one in Asakusa, Tokyo, during the artist’s stay in the residency at Tokyo Wonder Site as well as in Phnom Penh. “Enjoy My Sand” is a humorous critique surrounding the geopolitical and economic questions of land and resource management, in this case the export of river sand from Cambodia to Singapore, where the coastlines are constantly expanded for recreation. To offer signals, symbolism, and questions in many layers engaging seemingly absurd act of performance lies in the core of his artistic practice.

 

Khvay Samang was born in 1982 in Cambodia, and graduated from Royal Academy of Fine Arts in Phnom Penh in 2006. He has held solo exhibitions at Jeu de Paume, Paris and CAPC, Bordeaux (2015), SA SA BASSAC, Phnom Penh (2011, 2012, 2014), and Tomio Koyama Gallery Singapore (2014). His group exhibitions include the Asia Pacific Triennial 8, Brisbane, Australia (forthcoming 2015), 4th Singapore Biennale (2013-2014), “Sights and Sounds: Global Video Art, The Jewish Museum, NYC (2013) among many others. His residencies include TWS Creators in Residence program, Tokyo Wonder Site (2010, 2011), and Bethenian Kunstlerhaus, Berlin (2014-2015).  

 

 
 

COMMENTS