8/

03/ART GALLERY

TOMIO KOYAMA GALLERY

川島秀明展「come out」Hideaki Kawashima “come out”

会 期 2014年2月19日(水) - 2014年3月17日(月)
時 間 11:00 - 20:00
場 所 8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery
料 金 入場無料 Admission Free

オープニングレセプション:2月19日(水)18:00 ー 20:00
アーティストトーク 川島秀明 × 小山登美夫:2月19日(水)18:30 ー

 
Opening reception: February 19 (Wed.) 18:00 ー 20:00

Gallery talk by Hideaki Kawashima and Tomio Koyama: February 19 (Wed.)   18:30 ー



 

2003年に小山登美夫ギャラリーでの初個展を行なって以来、川島秀明は抽象化された人物像を描いてきました。無地の背景に顔だけが空中にふわりと浮かぶようにあり、妖気をあらわすかのような長くたなびく髪は、人間というより、その魂のようなものを想像させます。作家はここに自分を投影してきました。

しかし2010年頃から、どこまでも内省的に自己を見つめた果ての、肥大化しすぎた自意識を、一度ニュートラルに戻したいと、その目は他者へと向けられはじめます。作品の人物には身体があり、それぞれ異なる髪型や服装が描かれて、モデルを想像させる具体的な個性を放つようになります。

そして初個展から10年ほどたった今、川島秀明の作品はまた変わりつつあります。

彼は1995年から2年間、比叡山延暦寺で天台宗の修行を経験しました。そのときに出会った「一隅を照らす」という最澄の言葉を、最近よく思い返すといいます。「各々の持ち場で最善を尽くしなさい」という意のこの言葉は、作家にある種の自由と、気概を与えたかもしれません。人物は固有の色から解かれ、形は自由にデフォルメされて、より「絵をつくる」ことが実践されています。

本展覧会のタイトルは「come out」。小山登美夫ギャラリーでは2008年以来となる個展に、作家は新たな気持ちで作品の制作に臨みます。

 

川島秀明は1969年、愛知生まれ。1991年、東京造形大学卒業。現在東京を拠点に制作活動を行っています。

主な展覧会に、「高橋コレクション展 マインドフルネス!」(2013年、鹿児島県霧島アートの森ほか)、「ポートレート・セッション」(2007年、広島現代美術館ほか)、「ライフ」(2006年、水戸芸術館現代美術ギャラリー)、「アイドル!」(2006年、横浜美術館)、「Little Boy」(村上隆キュレイション、2006年、ジャパン・ソサエティー、ニューヨーク)、「Japanese Experience Inevitable」(2004年、ザルツブルグ近代美術館)など、国内外で多数のグループ展に出展。2007年には韓国のポチョン・アジア・ビエンナーレにも出展しました。

2014年のサッカーワールドカップブラジル大会にあわせ、FIFAが世界中から23人のアーティストを選び、サッカーやブラジルの生活、祝祭をテーマとして制作したポスタープロジェクト、「オフィシャルアートプリントエディション2014FIFAワールドカップ・ブラジル™」では、バスキア、キース・へリングといった歴史上のアーティストとともに、川島秀明の作品が選ばれています。

 

 

 

さらに詳しいアーティスト情報は以下のリンクをご覧下さい。

http://www.tomiokoyamagallery.com/artists/kawashima

 

 

 


--------------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

Since Hideaki Kawashima held his first solo exhibition at Tomio Koyama Gallery in 2003, he has continued to develop his abstracted portraiture. In his paintings, the subject’s face alone floats lightly in the air against a plain background, with long trailing hair that seems to express something of the unearthly allowing us to imagine more a human soul than a human being.  The Artist has identified himself with these portraits. 

However, from around 2010, wishing once more to return a overly bloated self-consciousness away from such intensely inward-gazing introspection to neutrality, he began to turn his perspective towards other people. The subjects of his portraits each possess a sense of body: each is painted with distinct hair-styles and clothing. As if rendered in ideal model form, it is as if in each their full personality has been released.
Now that 10 years have passed from his first solo exhibition, the work of Hideaki Kawashima is again changing.  From 1995, Kawashima undertook 2 years of training with the esoteric Tendai Buddhist sect at the Hieizan Enryakuji Temple.  He says that he recently often recalls the words spoken by Saicho which he encountered during this period: "Brighten the world at your corner", meaning "Devote yourself to doing your best in every position you hold".  Perhaps these words have given the artist something of his particular kind of freedom and strength of spirit. His subjects are untied from their characteristic colours, their outlines liberally deformed, truly putting into practice the notion of ‘creating a picture’.
This exhibition is entitled "come out".  For the exhibition, which is the first one since the artist's last solo show at Tomio Koyama Gallery in 2008, Kawashima will present fresh approaches. 


Hideaki Kawashima was born in Aichi, Japan in 1969. He graduated from the Tokyo Zokei University in 1991. He currently lives and works in Tokyo.  
Selected group shows include "Takahashi Collection, Mindfulness!" (Kirishima Open-Air Museum, 2013, and other venue), "Portrait Session" (NADiff, Tokyo / Hiroshima City Museum of Contemporary Art, 2007), "Life" (Art Tower Mito, 2006), "Idol!" (Yokohama Museum of Art, 2006), "Little Boy" (curated by Takashi Murakami, The Japan Society NY, 2006), and "Japanese Experience Inevitable" (Museum der Moderne Salzburg, 2004).  As well as these numerous shows in both international and domestic institutions, he also exhibited at the Pochon Asian Biennale in Pochon, Korea, in 2007.

Hideaki Kawashima was selected as an artist for The Official Art Print Edition 2014 FIFA World Cup Brazil™.  In a poster project in which FIFA has selected 23 artists around the world to make posters themed on football, life in Brazil, and festivals, Kawashima’s work has been chosen along with that of such historically significant artists as Jean-Michel Basquiat and Keith Haring.

 

 

More information about Hideaki Kawashima : http://www.tomiokoyamagallery.com/artists_en/kawashima_en

 
 

COMMENTS