8/

03/ART GALLERY

渋谷ヒカリエのフリーマガジン「LX」(Vol.9/2月1日配布号)にて、映像内で登場する蜷川実花と小山登美夫の対談の続きをお読み頂けます。

蜷川実花展Mika Ninagawa

会 期 2012年12月19日(水) - 2013年1月14日(月)
時 間 11:00 - 20:00  ※ 休廊日:2013年1月1日(火)
場 所 8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery
料 金 入場無料 Admission Free
 
 

 

8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Galleryでは、12月19日(水)より蜷川実花展を開催致します。
 

蜷川実花は、1997年多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン科卒業後、2001年第26回木村伊兵衛写真賞など数々の賞を受賞。今までに国内外で80以上の個展を開催し、2010年Rizzoli N.Y. から出版した写真集「MIKA NINAGAWA」は世界各国でも話題になりました。近年では『さくらん』『ヘルタースケルター』の映画監督や、セリーヌ、マスターマインドジャパンなどファッションブランドとのコラボレーション等益々活動の幅を広げるなど、今最も活躍する写真家の一人と言えるでしょう。展覧会も多数開催しており、昨年は台北で同時に2つの個展を、また京都での森山大道氏との二人展「森山大道×蜷川実花展」などを開催いたしました。今年2月には沖縄の浦添市美術館にて個展「蜷川実花展」、4月には東京清澄の小山登美夫ギャラリーにて桜のみを撮影した写真展「PLANT A TREE」を開催しています。
 

本展では、2003年制作「Acid Bloom」「Liquid Dreams」シリーズ、2004年制作「floating yesterday」シリーズ、2010年制作「noir」シリーズから作品を展示致します。花、動物、金魚、風景などの一瞬の輝きを捉えた蜷川の作品は、独特の華やかな色彩を持ち、様々な感情や非現実的な世界をも喚起させます。また、その光、色の深度を強めることで「極彩色の闇」をも浮かび上がらせ、光をまとっていても、影に包まれていても、その写し出される対象には、彼女が作り出す特別な世界の中でしか見ることのできない一瞬の美、生の豊潤さが表れています。蜷川実花の世界観を、8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Galleryにて是非ご高覧下さい。



 
 
 
8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery is pleased to present Mika Ninagawa's exhibition from December 19.

After graduating from Graphic Design department of Tama Art University in 1997, Mika Ninagawa has won numerous awards, including the 26th Kimura Ihei Award in 2001. She has held more than 80 solo exhibitions both in Japan and abroad, and received acclaims worldwide for her photo book Mika Ninagawa (Rizzoli N.Y., 2010). In recent years, she has broadened her scope of activities to film direction of "Sakuran" and "Helter Skelter", and collaboration work with the fashion brands such as Celine and mastermind JAPAN. She is one of the most successful photographers at work today. She has held many exhibitions including two concurrent solo exhibitions in Taipei last year and "Daido Moriyama x Mika Ninagawa" at Tomio Koyama Gallery Kyoto. Also, she had a solo exhibition, "MIKA NINAGAWA EXHIBITION" at Urasoe Art Museum in this February and a photo exhibition, "PLANT A TREE" focusing exclusively on cherry blossoms at Tomio Koyama Gallery in Kiyosumi, Tokyo in this April.
 
This exhibition will feature the works from four series: "Acid Bloom" and "Liquid Dreams" (2003), "floating yesterday" (2004) and "noir" (2010). The subjects of her works such as flowers, animals, goldfish and scenery have the brilliant colors that arouse deep emotions and take us into a world which seems strangely unreal. The colors are permeated with light, and Ninagawa has continually experimented with light and color in order to grasp the richness and beauty of life. By strengthening of the light and the depth of color, "brilliantly colored darkness" comes up, and whether enclosed in light or wrapped in shadow, the subject of Ninagawa's work is seen as an exuberance of life, an instantaneous beauty able to be shown only within the particular world she creates.

 


アーティスト情報:
http://www.tomiokoyamagallery.com/artists/ninagawa/



Mika-M-680.jpg


 

COMMENTS