8/

03/ART GALLERY

Bouquet de Février  2018  oil on canvas  65.2 x 54.1 cm  ©︎Midori Sato

佐藤翠 展 「Bouquets」

Midori Sato “Bouquets”

会 期 2019年1月31日(木) - 2019年2月18日(月)
時 間 11:00 - 20:00 会期中無休 Open everyday during exhibitions
場 所 8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery (Shibuya Hikarie 8F)
料 金 入場無料 Admission Free
オープニングレセプション:2019年1月31日(木)18:00-20:00
アーティストトーク:2019年1月31日(木)19:00-

Opening reception: Thursday, January 10, 2019  6-8pm (The artist will be present.)

この度、8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Galleryでは、佐藤翠展「Bouquets」を開催いたします。 色とりどりの服が掛かったクローゼット、高いヒールの靴が並ぶシューズラック、鮮やかな花々。佐藤の絵画は、女の子の憧れが詰まった宝石箱のようです。画面を眺めていると、大胆で素早いタッチがモチーフの輪郭を溶かし、具象性と抽象性が共存しつつ鮮やかな色彩と卓抜な構成が強い魅力を放っていることに気づきます。
本展タイトルの「Bouquets」は、2017年秋から1年と数ヶ月のパリ滞在中、佐藤がブーケを毎月観察して描いてきたシリーズです。佐藤曰く「ブーケを見つめて」というような意味合いを込めたとのこと。パリでの制作を経て、小山登美夫ギャラリーでの4度目の個展となる本展では、滞在中に心惹かれた植物やフルーツをモチーフにした新作を展示いたします。
また本展は、南青山のアートサロン「SCÈNE」での個展「Glimmer of night ー夜の煌めきー」2月2日(土)~3月15日(金)と同時開催となります。(毎週木曜日13:00-19:00のみ一般公開、それ以外は招待制)
佐藤の華やかな世界を堪能できる2つの展覧会をぜひご覧ください。



春夏秋冬 花を追いかけ ブーケを見つめ 魅せられて 消えないように 忘れないように 新たな発見を描き続けた
自然の中に葉や木の実 花を見つけたとき まるで宝石のように感じた
今は自然の中から摘み取って描くこと 花に夢中 そこには生きている美しさが溢れている
古くからモチーフとして継承されてきた花とフルーツに向き合い 新たな追求が始まった
ー佐藤翠



=================================
同時開催:

佐藤翠「Glimmer of night - 夜の煌めき- 」
会場: SCÈNE
会期: 2019年2月2日(土)- 3月15日(金)
開館時間: 13:00-19:00、毎週木曜日のみ一般公開、それ以外は招待制
休廊日: 日曜、月曜、祝日
住所: 東京都港区南青山 3-15-6 Ripple Square D-B1

http://scenetokyo.com/exhibition/

=================================


【プロフィール】
佐藤翠は1984年、愛知県生まれ。2008年に名古屋芸術大学絵画科洋画コースを卒業。在学中にはディジョン国立美術大学(フランス)へ交換留学。2010年に東京造形大学大学院造形学部の修士課程を修了。平成29年度ポーラ美術振興財団在外研修員としてフランスにて研修を行いました。作品は、芥川賞受賞作家・中村文則の小説『去年の冬、きみと別れ』(2013年、幻冬舎)の装画や、松永大司の映画『トイレのピエタ』(2015年)の劇中に使われたり、『花椿』(資生堂)では原田マハの短編小説と挿画でコラボレーションをするなど、その活躍の場を広げています。「VOCA展 2013 現代美術の展望―新しい平面の作家たち」(2013年、上野の森美術館、東京)では大原美術館賞を受賞、作品は同美術館に収蔵されました。2015年には資生堂ギャラリーでのグループ展「絵画を抱きしめて Embracing for Painting -阿部 未奈子・佐藤 翠・流 麻二果展-」に出展。2016年は、8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Galleryにて小山登美夫ギャラリーでの3度目の個展「Secret Garden」を開催した他、「あいちトリエンナーレ2016 虹のキャラヴァンサライ」にも参加。2018年にはフランスのGreen Art Flowers Galleryにて個展「Orange glow」を開催しました。

http://koyamaartprojects.com/artists/midori-sato/

...........................................................................

8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery is pleased to present "Bouquets", a solo exhibition of works by Midori Sato.
A closet packed full of colorful clothes, an array of high-heeled shoes on shelves, and vivid assortments of flowers -Sato's paintings are manifestations of all things women admire. Yet, if we turn our attention to the details of her work, bold brushstrokes and an intentionally uneven paint coating tinge her subject matters with the contours of abstraction. The coexistence of concreteness and abstraction, combined with the richly vibrant use of color and superlative composition, demonstrates the force of the power that draws the viewer into the picture plane.
Painted by Sato during the year and several months she resided in Paris, "Bouquets" is a series of work depicting bouquets observed by the artist each month. According to Sato, the works implicate her "on-going gaze channeled towards the subject." Marking her fourth solo presentation with Tomio Koyama Gallery after residing in Paris for a year since the autumn of 2017, the exhibition introduces a selection of new works featuring motifs such as plants and fruit that Sato had found herself attracted to during her days abroad.

This exhibition is held concurrently with Sato's solo show "Glimmer of night" at the art salon SCÈNE in Minami Aoyama from February 2 (Sat) to March 15 (Fri) (open to the public every Thursday 13:00-19:00, and other days by appointment only). Viewers are invited to visit both exhibitions to embrace the brilliantly eloquent world of her work.



【Artist Statement】
Spring, summer, autumn, winter -I pursued flowers, gazed upon bouquets, and found myself emotionally attracted, continuing to paint my new discoveries so that they would not disappear and that I would not forget.
When I came across leaves, berries, and flowers in nature, they had appeared to me like jewels.
I am currently fascinated with flowers and painting things I find in nature, as it is here that is filled with the beauty of life.
Engaging with flowers and fruits that have long been cherished and inherited as motifs in art, I had begun my journey down a new path of exploration.
-Midori Sato

=================================
Concurrent exhibition:

"Glimmer of night"
Venue: SCÈNE
Dates: February 2 - March 15, 2019
Venue hours: open to the public every Thursday 13:00-19:00, and other days by appointment only
Supported by Tomio Koyama Gallery

Please visit the link for more information.

http://scenetokyo.com/exhibition/

=================================


Please visit the link for more information.

http://koyamaartprojects.com/en/artists/midori-sato/

COMMENTS