8/

03/ART GALLERY

Activation "Surrounding Construction-910” Concept Space R2, Gunma, Japan 1990 ©︎Kishio Suga photo by Tsuyoshi Satoh

菅 木志雄 ー 写真と映像Kishio Suga - Photographs and Videos

会 期 2018年5月30日(水) - 2018年6月25日(月)
時 間 11:00 - 20:00
場 所 8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery

協力:DMM.make、techne LLC.

 

 

関連イベント:
菅木志雄監督・脚本映画「存在と殺人」上映会 & トークショー

 

映像作品「存在と殺人」(1998-99年制作)上映会と、映画を制作された天野太郎氏 (横浜市民ギャラリーあざみ野、主席学芸員 / プログラム・ディレクター)によるトークショーを行います。

 

日時:2018年5月31日[木]18:30-21:00  (開場18:00)

会場:8/ COURT(渋谷ヒカリエ8F) 

入場料: ¥700(当日受付)/¥500(事前予約)

要予約 

 

<メールでのご応募>

下記アドレスまで、件名と本文に以下の内容をお書き添えの上お送りください

入場料は当日受付にて現金でお支払いください

event@tomiokoyamagallery.com

件名:「5/31トークイベント参加希望」

本文:お名前/連絡先/参加人数

 

電話(03-6434-1493)及びギャラリー店頭でもご予約いただけます。

 

 

 

8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery(渋谷ヒカリエ)では、「菅 木志雄 - 写真と映像」を開催し、菅の写真と映像作品、アクティヴェイションのドキュメント映像を展示します。5月31日(木)18時半~には、8/ COURT(渋谷ヒカリエ8階)にて横浜美術館の個展の際に制作し、菅が脚本、監督を務めた映画「存在と殺人」(1998-99年制作)を特別上映。そして本作を制作された天野太郎氏(現在、横浜市民ギャラリーあざみ野、主席学芸員/プログラム・ディレクター)によるトークショーも上映後、開催いたします。当時の制作現場の様子がわかる貴重なお話により、菅木志雄の映画への情熱が伝わってくるでしょう。


本展と同時期に、小山登美夫ギャラリー(六本木)では、菅 木志雄展「広げられた自空」(2018年5月25日~6月30日)を開催し、最新作約20点を発表致します。
さらにGINZA SIX6階のアートギャラリー「THE CLUB」(銀座)においても、個展「放たれた縁在」(5月12日~7月4日)で金属の立体作品を中心に 展示することになりました。

菅は通常わたしたちが見るものの在り方とは異なる方法で、「もの」と「もの」、「もの」と「場」、「もの」と「人」をつなぎ、囲い、相互依存させ、 まるでものが新たな形や状況まで立ち現わしているように感じさせます。 そして、そうした「見えないもの」を表わすべく立体、平面、写真、映像、映画、小説と 様々な手法を用いて多角的に、根源的な世界の在り方を抽出しようとします。これらの展覧会は、菅の表現世界を包括的に体験いただける、大変貴重な機会となります。ぜひこの機会にお越しくださいませ。

菅木志雄は1944年、岩手県盛岡市生まれ。1968年多摩美術大学絵画科を卒業。在学中の1967年には第11回シェル美術賞を受賞しています。 菅は、1968年の初個展から現在に至る50年以上のキャリアの中で幾多もの展覧会に出展してきました。近年の大規模な展覧会として、2016年イタリア、ミラノのファンデーションPirelli HangarBicoccaでの展覧会をはじめ、イギリス、スコットランド国立近代美術館でのカーラ・ブラックとの二人展、アメリカ、ニューヨークのDia: Chelseaでの個展と、欧米の美術館において連続して展覧会を開催。2017年第57回ヴェネツィアビエンナーレ国際展「VIVA ARTE VIVA」では水上でのインスタレーションとして代表作「状況律」を再制作して大きな注目を浴び、同年長谷川祐子氏キュレーションによるフランスのポンピドゥ・センター・メッスで開催された「ジャパノラマ 1970年以降の新しい日本のアート」展にも出展しました。 国内では、2014年 – 2015年ヴァンジ彫刻庭園美術館にて「菅木志雄展」、2015年には東京都現代美術館にて「菅木志雄 置かれた潜在性」と、2つの個展が同時期に開催され大きな話題となりました。作品は今年新たにポンピドゥ・センターとDia: Chelseaにコレクションされた他、テート・モダン、ダラス美術館、M+、グッゲンハイム・アブダビ、スコットランド国立美術館や、東京都現代美術館をはじめ国内外の多数の美術館に収蔵されています。 2016年には、第57回(2015年度)毎日芸術賞を受賞致しました。

 

詳しい情報は以下のリンクをご覧下さい。

https://www.kishiosuga.com

 

 

 

 

同時開催:

菅 木志雄「広げられた自空」

会場:Tomio Koyama Gallery 〒 106-0032 東京都港区六本木 6-5-24 complex665 2F 

会期:2018年5月25日[金] - 6月30日[土]11:00 - 19:00

休廊日:日、月曜日及び祝日

オープニングレセプション:2018年5月25日[金] 18:00 - 20:00 *作家も在廊致します。

詳しい情報はリンクをご覧下さいhttp://tomiokoyamagallery.com/exhibitions/suga2018/

 

 

 

「放たれた縁在」

会場:The Club 〒104-0061 東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 6F

会期:2018年5月12日[土]~7月4日[水]

詳しい情報はリンクをご覧下さいhttp://theclub.tokyo/ja/exhibitions/suga/

 

............................................................................

 

 

 

8/ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery (Shibuya Hikarie) is pleased to present “Kishio Suga - Photographs and Videos” introducing photographs and video works as well as documentary footage of the “activation (series)." Also, the film "Being and Murder "(1988-99) directed and written by Suga on the occasion of his solo exhibition at Yokohama Museum of Art will be screened on May 31, from 6:30 pm at 8/ COURT (Shibuya Hikarie). The talk event by Taro Amano (Curator in Chief/ Program Director of Yokohama Civic Art Gallery Azamino) who produced the film is given after the show.


In addition, the exhibition “Kishio Suga Expanded Self-Space"(May 25 - June 30, 2018) will be held concurrently at Tomio Koyama Gallery (Roppongi) featuring a selection of approximately 20 latest works by the artist. Furthermore, his metal sculpture is presented in the solo exhibition "Released Existence on Edges” (May 12 - July 4, 2018) at “THE CLUB” art gallery in GINZA SIX (Ginza).

Suga enables “things” and “things,” “things” and “space,” and “things” and “people” to connect, enclose and be interdependent on each other in different ways from how we usually perceive things to be in existence, thereby giving the impression of things as presenting new forms and even situations. Suga attempts to reveal the fundamental conditions and manner in which our world exists through a multifaceted approach that appropriates various means from three-dimensional works to two-dimensional works, photographs, and video to express that which we are “unable to see.” These series of exhibitions will serve as an invaluable opportunity to comprehensively encounter and experience the world of Suga’s work.

Born in Morioka city, Iwate Prefecture, in 1944. In 1968 he graduated from the Department of Painting of Tama Art University. While still a student in 1967 he won the 11th Shell Art Award. From his first solo show in 1968 until today, in a career spanning over 45 years, he has shown work in a vast number of exhibitions in Japan and abroad. Two major recent solo exhibitions in 2014 and 2015, ”Kishio Suga” at the Vangi Sculpture Garden Museum and ”Kishio Suga: Situated Latency” at the Museum of Contemporary Art Tokyo, ignited discussions about contemporary aesthetics. In the decades since he represented Japan at the 38th Venice Biennale in 1978, his international reputation has grown steadily. He has exhibited in many international exhibitions including “Japanese Avant-Garde 1910-1970” (Centre Pompidou, Paris, 1986), “Japanese Art After 1945: Scream Against the Sky” (Yokohama Museum of Art, Japan, before travelling to the Guggenheim Museum, New York), and “Requiem for the Sun: The Art of Mono-ha” (Blum & Poe, Los Angeles, 2012), to name only a few. He was the subject of major exhibitions at museums in Europe and the United States; a solo exhibition at Pirelli HangarBicocca in Milan, Italy (Sep. 29, 2016 – Jan. 29, 2017) ; a two-person exhibition with Karla Black at The Scottish National Gallery of Modern Art in Edinburgh (Oct. 22, 2016 – Feb. 19, 2017); and a solo exhibition at Dia:Chelsea in New York (Nov. 5, 2016 – Jul. 29, 2017). And this year, he is selected for the 57th Venice Biennale “Viva Arte Viva” Curated by Christine Macel (May 13 – November 26). His works are held in the collections of numerous museums within Japan including the Museum of Contemporary Art Tokyo, and international institutions such as the Tate Modern, the Dallas Museum of Art, M+, the Guggenheim Abu Dhabi, the Glenstone Foundation, the Pinault Collection and numerous others. In January 2016, he won the 57th Mainichi Art Award, one of Japan’s most prestigious cultural awards.

 

For more informations, please visit the following link.

https://www.kishiosuga.com

 

 

 

 

Concurrent exhibition:

Kishio Suga“Expanded Self-Space”

Venue:Tomio Koyama Gallery complex665 2F, 6-5-24, Roppongi, Minato-ku, Tokyo, 106-0032 

Date: May 25 - June 30, 2018 11am - 7pm

Closed: Sun., Mon., & National holidays

Opening reception: Friday, May 25, 6-8pm

For more informations, please visit the following link. http://tomiokoyamagallery.com/en/exhibitions/suga2018/

 

 

 

“Released Existence on Edges”

Venue:The Club GINZA SIX 6F, 6-10-1 Ginza, Chuo-ku, Tokyo #104-0061

Date: May 12 - July 4, 2018

For more informations, please visit the following link. http://theclub.tokyo/en/exhibitions/

 

............................................................................

 

COMMENTS