8/

04/d47 MUSEUM

D&DEPARTMENT PROJECT

みんなのスーパーマーケット -47都道府県のご当地スーパー展-

会 期 2013年3月 7日(木) - 2013年4月21日(日)
時 間 11:00 - 20:00(入場は19:30まで)
場 所 d47 MUSEUM
料 金 500円
事前申込 不要

 

47都道府県のスーパーマーケットが渋谷に集結。
毎日のお買い物から感じる「その土地らしさ」

 

47都道府県の個性を感じるミュージアム「d47 MUSEUM」では、3月7日から4月21日まで「みんなのスーパーマーケット  -47都道府県のご当地スーパー展-」を開催します。
立体造形家、また雑貨コレクターとして、世界各国のスーパーマーケットの商品を収集してきた森井ユカが、日本全国47都道府県のスーパーを巡り、「その土地らしさ」あふれる商品をコレクションしました。調味料、酒、牛乳、菓子、お茶、麺など、バラエティ豊かな商品約1000点が東京渋谷に集結します。47のテーブルにはそれぞれ、森井ユカが購入した約20~25品の商品が展示されるほか、ユニホームであるエプロンの展示やチラシの展示、スーパーで起こるさまざまなエピソード、各県出身クリエイターのコメントをパネルで紹介。スーパーマーケットという身近なテーマを通して、47都道府県の個性や日本のものづくりの今を感じていただける企画です。

 

 

______________________________________________

 
 
都道府県の数だけ展示台を常設し、様々なテーマから47の個性を感じることができる美術館「d47 MUSEUM」。日本の縮図のようなこの空間が、この春スーパーマーケットになります。今まで世界のスーパーマーケットの商品をコレクションしてきた私、森井ユカが、満を持して日本のスーパーを巡りました。世界でも日本でもルールは三つ。

1. その県(国)で産まれたスーパーへ行き
2. その県(国)の会社が販売しているものの中から
3. 親しみを感じる、愛らしい佇まいの商品を選ぶ

足を踏み入れた日本のご当地スーパーは約140 軒。買って食べた商品は約1000点。インテリアショップの様にスタイリッシュなスーパー、手描きPOPに溢れる家庭的なスーパー。その県にしかないもの、驚くことにほとんどの県で見かけるもの。初めて食べるもの、おなじみのもの。ずっと変わらないパッケージ、マイナーチェンジし続けているパッケージ。私たちを惹き付けて止まない、スーパーマーケットの魅力とは何なのでしょうか? 懐かしい同級生に会いに行く気持ちで、隣りのクラスの人に思い切って話しかけるような気持ちで、愛すべき商品たちに会いに来てみませんか? 
 
(立体造形家/雑貨コレクター 森井ユカ)
 

 
______________________________________________
 
 
ショップロゴ.jpg

ミュージアム内にスーパーマーケットが登場!

会期中会場内において、小さなスーパーマーケットが開店します。すべてキュレーターの森井ユカが試食済み、おすすめできるものばかり。渋谷にいながらにして日本全国のスーパーマーケットを巡るかのようなユニークなストアを展開します。今まで知らなかった日本の味との出会いをお楽しみください。

また、会場では展覧会に合わせて発売の書籍『おいしいご当地スーパーマーケット』(森井ユカ著/ダイヤモンド・ビッグ社刊)も販売。コレクションについて、より詳しい解説を読むことができます。

 

 

______________________________________________

 

 

yukaprof.JPG

森井ユカ(立体造形家/雑貨コレクター)

 

粘土を使った立体イラストレーション、キャラクターデザイン、漫画のキャラの立体化など。世界中で収集した玩具、日用雑貨や食品パッケージを書籍にまとめ紹介している。雑貨関連の著作には『スーパーマーケットマニア』ヨーロッパ編、アジア編、アメリカ編、北欧編(講談社)、『雑貨コレクターのうちの中』(ポプラ社)、『IKEA FAN BOOK』(河出書房新社)など。東京都多摩市の公団住宅出身

 
 

COMMENTS