8/

05/d47 design travel store

D&DEPARTMENT PROJECT

NIPPON VISION MARKET 埼玉 錫光の錫器

会 期 2016年12月27日(火) - 2017年1月26日(木)
時 間 11:00 - 20:00(※1月1日は休業致します。最終日は17:00まで)
場 所 d47 design travel store(ヒカリエ8階)
事前申込 不要

お酒を嗜む日々の何気ない時間を、より豊かにしてくれる、"錫"の酒器をご紹介します。

 

店頭でも定番で取扱いのある錫器を手がけるのは、埼玉県川口市にある「錫光」。

 

素材の仕入れから、錫を流し込む型の製造、ロクロ挽き等、すべての工程を一貫して行う、

数少ない錫製品の工房です。

 

時間をかけて一点一点作り出される酒器は、手に馴染む心地良い重さで、

机に置いたときの佇まいは何とも言えない味わいがあります。

 

不純物を吸収するといわれる特性を持つ錫器でお酒やお水を飲むと、

角が取れ口当たりがまろやかになり、二級酒が一級酒になるとまで言われていたそうで、

高い熱伝導率はお燗をつけるのにも最適です。

 

 

錫光」は、伝統的な製法と意匠を大切に守りながらも、

プロダクトデザイナーや利酒師といった異業種の専門家と積極的に交流し、

今の時代にあった新しい作品づくりに取り組んでいます。

 

長年受け継がれてきた技術と、若々しく柔軟な精神で、

ただ一心に「良いもの」を求めて制作を続ける「錫光」の手仕事も、

"錫"の魅力とあわせてぜひ店頭でご覧ください。

 

錫光(すずこう)

1987 先代の光山(こうざん)の独立に伴い設立。伝統的な製法にこだわりながら錫の普及に努めた。

2001年「現代の名工」、2003年「黄綬褒 章」を賜り、組合や団体が無い中、

個人の活動として錫工芸が認知された。

光山亡き後も、毎年20年以上にわたり「彩の国(埼玉県)優良ブランド品」の認定 を維持し、

2007年朝日現代クラフト展に入選するなど、間近に見た現代の名工の技を継承するべく活動を続けている。

 

 
20161227_prof.jpg

EVENT

◼︎関連イベント:"錫のお皿作り"ワークショップ開催!
 
鋳型に流し込む工程から自分で行える、錫の小皿作りのワークショップを開催します。

丸・三角・四角・楕円の4種類の型からひとつを選んで、鋳型で錫板を作り、
金槌を使ってオリジナルの模様をつけていきましょう。
お皿の底にはアルファベット2文字を打ち込めるので、自分のイニシャルはもちろん、
ギフトとして贈る相手の名前をいれるのもおすすめ。
 
融点がおよそ200度の錫が溶けた液状の「湯」をお玉ですくう感覚は驚きがあり、
金槌で模様がついていく様子も気持ち良いです。
錫光の中村さんがしっかりとサポートしてくださいますので、
普段なかなかできない体験を、新年に挑戦してみませんか。
 
完成した小皿は、アクセサリーなど小物を置いても良し、
冷やして使えば冷たく食べたいデザートを盛っても映えます。
気軽になんでも乗せられるサイズは使い勝手良く、日々の暮らしに活躍してくれるはず。
 
ご参加枠には限りがありますので、ぜひお早めにお申し込みください!
 
 
<ワークショップ概要>
 
場 所:渋谷ヒカリエ8F/d47 design travel store
日 時:2017年1月21日(土)・22日(日)
    下記のスケジュールで1日3回行います。※所要時間は1時間半程
    ① 11:30〜13:00
    ② 14:30〜16:00
    ③ 17:00〜18:30
参加費:3,500円(税込)※当日現金にてお支払いください。
定 員:各回4名
    ※鋳型へ錫を流し込む工程・ヤスリ掛けなども行っていただきます。
    動きやすく、汚れてもよい服装でお越しください。
    小学中〜高学年の方でしたら、お一人でも参加可能です。
    低学年のお子様は、大人の方もご一緒にご参加ください。
 
申込み:WEB・店頭・電話/d47 design travel store(03-6427-2301
 ※申込後、キャンセル希望される方は3日前までにご連絡ください。
 
 
20170121ws_8.jpg

 

 

COMMENTS