8/

02/CUBE

THE TOLMAN COLLECTION斎藤清の一作品からはじまった、トールマン氏のコレクター人生。世界初公開。

会 期 2018年12月 4日(火) - 2018年12月16日(日)
時 間 11:00 - 20:00 (最終日は18:00まで)
場 所 CUBE 1, 2, 3
料 金 入場無料
主 催 斎藤清美術館 TEL 0241-42-3630 email:bijutsu@town.yanaizu.fukushima.jp

斎藤清の一作品からはじまった、トールマン氏のコレクター人生。世界初公開。

世界でも指折りの現代美術蒐集家、ノーマン・トールマン氏。
1967年、当時アメリカ外交官だったトールマン氏は、斎藤清のある一枚の作品を探し求めて画廊めぐりの日々。
しかしなかなか見つからず、その作品名も定かでなく、その構図、造形イメージだけが頼りでした。
「ムリかなぁ、欲しい版画はあの作品と決めているのだが・・・」
そんな中、奇跡的シーンが目の前に。AKASAKAのとある画廊から帰る間際、そこに偶然やってきた斎藤清と初遭遇―。もし1、2分でもずれていたら、二人は永遠に出会えなかったかもしれません。
本展では、斎藤清作品との出会い、二人の30余年にわたる知られざる交流、
さらに棟方志功の作品など、トールマン・コレクションの全貌を世界初公開します。
 
 
アメリカの若きエリート外交官だったノーマン H.トールマン氏。
そんなトールマン氏の生き方までも変えた一枚の作品、斎藤清の「ハニワ」。
以来、日本の多くのアーティストたちと親交を重ね、長い歳月をかけて選び抜き、
慈しんできた私的コレクション「ザ・トールマン コレクション」。
東京渋谷ヒカリエで世界初公開です。
 
 
日本を中心とするアジア現代美術において、屈指の質と量を誇る「ザ・トールマン コレクション」。その数、ゆうに3,000点以上。その中から、トールマン氏自らがセレクトした斎藤清をはじめ、世界のアートシーンに重要な足跡を残したアーティストの珠玉作品が渋谷ヒカリエへと―。トールマン氏の確かな審美眼、日本現代美術の独創性、魅力をとくとご堪能ください。
 
 
日本では最初で最後の展示会、その後はアメリカへ。
「ザ・トールマン コレクション」は、ふだんは邸宅内に展示され、目にすることができるのはごく一部の方々だけ。特に、斎藤清の作品は、「宝物だから、いままで誰にも見せたことがない」と、まさに秘蔵のコレクションです。会津の斎藤清美術館、東京渋谷ヒカリエでの「ザ・トールマン コレクション」後は、アメリカの美術館に収蔵され、日本では最初で最後の展示会となります。
 

COMMENTS