8/

02/CUBE

SHIBUYA VISION 進化するエンタテイメントシティ渋谷ヒカリエ開業1周年記念特別建築展
渋谷のまちづくりの変遷を辿る

会 期 2013年4月19日(金) - 2013年5月13日(月)
時 間 11:00 - 20:00
場 所 CUBE 1, 2, 3
料 金 入場無料
主 催 渋谷ヒカリエ
協力:株式会社坂倉建築研究所、株式会社川島織物セルコン、東京急行電鉄株式会社、明治大学理工学部建築学科建築史・建築論(青井哲人)研究室、株式会社ナカサアンドパートナーズ

2013年、東急東横線と東京メトロ副都心線の相互直通運転が始まり、渋谷駅を中心とした大規模な開発計画が本格的にスタートする渋谷。戦前から戦後にかけて、まだ東京の郊外だった渋谷に、先人が思い描いた未来像は、どのように変遷し、今に、そして未来へと受け継がれていくのでしょうか。
戦後、まちづくりの新たな象徴として建築された“生活文化と娯楽の殿堂”「東急文化会館」、その跡地に開業した「渋谷ヒカリエ」。そして“日本一訪れたいまち”を目指す「エンタテイメントシティしぶや」構想。そこには、「文化」をキーとした開発、地域との共存共栄、地形の克服といったまちづくりの思想が、時代を超えて貫かれています。「SHIBUYA VISION  進化するエンタテイメントシティ」は、東急文化会館閉館10周年、渋谷ヒカリエ1周年を記念して開催されます。映画や音楽、ファッションなどさまざまなエンタテインメントが集積し、独自のカルチャーを発信し続ける世界でも類を見ない街・渋谷。そこに受け継がれるまちづくりのビジョンを、貴重な写真や資料と共に探ります。

COMMENTS