8/

01/COURT

ニシジマ・アツシ 「パフォーマンス+トークイベント」

会 期 2017年12月10日(日)
時 間 14:00 - 15:30
開場時間 13:30
場 所 COURT
料 金 無料
事前申込
<peatixからのご応募>
下記URLよりお手続きください
http://atsushi-nishijima-2017.peatix.com/view

<メールでのご応募>
下記アドレスまで、件名と本文に以下の内容をお書き添えの上お送りください
event@tomiokoyamagallery.com
件名:「12/10トークイベント参加希望」
本文:お名前/連絡先/参加人数
主 催 8/ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery(03-6434-1493/hikarie8@tomiokoyamagallery.com)

8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Galleryで個展を開催中のニシジマ・アツシが、美術評論家の松井みどり氏を迎えてトークと、サウンド・パフォーマンスを行います。

 

ニシジマ・アツシ 

ニシジマ・アツシは1965年京都生まれ。1989年大阪芸術大学音楽学科を卒業後、岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー(IAMAS)を修了。2001年アジアン・カルチュラル・カウンシルの助成によりニューヨークに滞在し、2014〜2015年には文化庁新進芸術家海外研修制度によりベルリンに滞在。現在は京都を拠点に制作しています。「Citycircus」(New Museum of Contemporary Art、ニューヨーク、1994 年)、「足りないOのために“KYTO”」(小山登美夫ギャラリー京都、2011年)など国内外の展覧会に多数出展する他、2007年から2012年まで継続的に開催されたジョン・ケージ生誕100周年記念コンサート「John Cage Countdown Event」(国立国際美術館、大阪ほか http://www.jcce2007-2012.org)を主宰するなど、精力的に活動を続けており、これまでに小杉武久、高橋悠治、高橋アキ、カール・ストーン、竹村延和、HACO、ヤマタカEYE等と共演しています。2017年6月から8月に開催されたコペンハーゲンでのグループ展「Japanese Connections」(ニコライ・アートセンター)にも参加しました。

 

松井みどり
美術評論家。東京大学大学院英米文学博士課程満期退学、プリンストン大学より比較文学の博士号取得。国内外の美術学術誌や企画展カタログに同時代の日本や英米の現代美術の潮流や作家について論文を寄稿。執筆カタログは、『Super Rat: Chim↑Pom』 (パルコ出版., 2012); 『Ice Cream』( ファイドン, 2007); 『Copyright Murakami 』(ロサンゼルス現代美術館, 2007)。著書に『芸術が終わった後のアート』(朝日出版、2002)『マイクロポップの時代:夏への扉』(2007年、水戸芸術館)、『ウィンタ−ガーデン:日本現代美術におけるマイクロポップ的想像力の展開』(2009年、原美術館)。多摩美術大学非常勤講師。
 

 

関連イベント

ニシジマ・アツシ展「Humor Identification 脱力と直観」
Atsushi Nishijima "Humor Identification"
2017年11月22日(水) - 2017年12月20日(水) 
8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery
 

COMMENTS