8/

01/COURT

d SCHOOL「わかりやすい金継ぎ」

会 期 2017年5月15日(月)
時 間 19:30 - 21:00
開場時間 19:00
場 所 COURT
料 金 2,500円
定 員 50名
事前申込
● 店頭 →d47食堂・d47 design travel store(渋谷ヒカリエ8階)
● web →www.d-department.com/jp/archives/people/43793
● 電話(03-6427-2301)お申し込みの際には以下をお伝え下さい
①タイトル「わかりやすい金継ぎ」
②お名前
③お電話番号
(予めご質問いただきたいことがあればお申し込み時にお伝え下さい)

【お支払い方法】
5月15日(月)当日、現金にてお支払いください

主 催 D&DEPARTMENT PROJECT 
お問い合わせ:03-6427-2301

器の修繕方法の一つで、陶磁器の割れや欠けを「漆」を使い修理する「金継ぎ(漆継ぎ)」をトーク形式で基礎から学びます。

身近なものでも意外と知らないことは沢山あります。でも、あるきっかけでちょっとわかれば、より面白くなる。D&DEPARTMENTは、ロングライフな「もの・こと」をわかりやすくする勉強会を様々なテーマで開催しています。
 
今回は、d47 食堂のスタッフも取り組んでいる「金継ぎ」がデーマ。器の修繕方法の一つで、陶磁器の割れや欠けを「漆」を使い修理する「金継ぎ(漆継ぎ)」を学びます。講師には、d47 design travel storeにて金継ぎ教室を開催している岩手県の漆工芸作家・田代淳(たしろじゅん)さんをお招きします。
 
「金継ぎ」は聞いたことがあるけど、どんな素材で、どうやって直しているの?という素朴な疑問から、最も重要な材料である「漆」のことまで、田代さんによるデモンストレーションも交えて、まずはどんな工程があるのかを知る勉強会です。
 
d47 design travel store での金継ぎ教室へ参加を検討されていらっしゃる方や、器を修理に出してみたいと思っている方、ご自身で始めてみようと考えている方など、初心者の方に向けた内容となります。実際の技術指導ではありませんが、どんな工程があるのかを知ることで、器が壊れてしまった時の選択肢のひとつに「金継ぎ」を思い浮かべていただくきっかけになればと思います。漆が器を直す「金継ぎ」から「直して長く使う」ことを一緒に考えてみませんか。
 
 
 
講師:うるしぬりたしろ 田代淳(たしろじゅん)
 
1970 年生まれ。東京都出身、岩手県盛岡市在住。1991 年に女子美術短期大学卒業後、漆の世界に入り、現在は岩手県で漆塗りや金継ぎを行う。2012年よりD&DEPARTMENT TOKYOにて金継ぎ修理の受付やワークショップを開催、2015年よりd47 design travel storeにて金継ぎ教室を開催している。
1996~98 年、および2000年に日本クラフト展 入選。2001年 ドイツTALENTE 2001出品、2003年 木と暮らしの工芸展 審査委員賞受賞

COMMENTS