8/

03/ART GALLERY

TOMIO KOYAMA GALLERY

新里明士「Luminescence...」展Akio Niisato “Luminescence...”

会 期 2013年7月31日(水) - 2013年8月12日(月)
時 間 11:00 - 20:00
場 所 8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery
料 金 入場無料 Admission Free

◉ オープニングレセプション:7月31日(水)18:00~ 20:00
◉ ギャラリートーク 新里明士 x 小山登美夫:7月31日(水)18:30~

*ギャラリートークの日程を誤って記載しておりました。大変申し訳ございません。

正しくはオープニングレセプションと同日の、7月31日(水)に開催致します。

皆様ぜひお越しの程をお待ち申し上げております。

 

Niisato-8web-680.jpg

 

 

 

新里明士は1977年千葉県生まれ。早稲田大学第一文学部哲学科中退後2001年多治見市陶磁器意匠研究所修了。現在岐阜県土岐市を拠点に制作を行っています。2008年「第3回パラミタ陶芸大賞展」大賞など数々の賞を受賞、国内の他、アメリカ、イタリア、ルーマニアなど海外でも多くの展覧会に出展、高い評価を得ています。本展覧会のタイトル「Luminescence」とは、物理学用語で「熱を伴わない発光、冷光」という意味。それをそのままに表現しているといえる新里の作品「光器」は、透光性の高い白磁に穴を開け、穴に透明の釉薬を埋めて焼成したもの。光に透けて文様が浮かびあがる様を蛍の光に例えた「蛍手(ほたるで)」と呼ばれるこの手法により、あたかも作品自体が光を帯びているかのように、繊細で高貴な印象を持ち合わせます。本展では「光器」のシリーズを基に新たな展開も発表する予定です。暑い季節に涼やかな「光」に包まれる会場にぜひお越し下さい。

 

 

--------------------------------------------------

 

 

Born in 1977, Chiba prefecture. After leaving the Philosophy course of the Faculty of Letters, Arts and Sciences at Waseda University, he graduated from Tajimi City Pottery Design and Technical Center in 2001. He is currently based in Toki City, Gifu prefecture. Among other awards, he received the grand prize in the 3rd Paramita Museum Ceramic Competition in 2008, while he has also received high acclaim in numerous exhibitions in Japan as well as overseas, including America, Italy, and Romania. The title of this exhibition "Luminescence" is a term in physics which means "light emitted without heat" or "cold light". In Niisato's "light vessels" which can be said to express exactly that holes were made in highly translucent white porcelain, which were then filled with glaze before being fired. Through this technique called  "hotarude" (transparent pattern) which can be likened to the light of fireflies in the way that the pattern floats due to its transparency in light,  it is as if the works themselves are charged with luminosity, leaving a delicate, noble impression. In this exhibition, there will be a presentation of new innovations based on the "light vessel" series. Please pay a visit to the gallery basked in a cool "light" during this hot season.

 

 

 

 

 



新里 明士 プロフィール


1977 千葉県生まれ
2001 多治見市陶磁器意匠研究所修了
2011-12 文化庁新進芸術家海外派遣制度によりアメリカ・マサチューセッツ州にて制作

現在岐阜県土岐市にて制作


主な展覧会歴

2012 「Ceramics Now Exhibtion, 3rd Edition」Galateea Gallery、ブカレスト、ルーマニア 

    「 東海現代陶芸思考する新世代展」愛知県陶磁資料館、瀬戸、愛知
2011 「白の時代」益子陶芸美術館/陶芸メッセ・益子、栃木
2010    「REVALUE NIPPON PROJECT」
     (中田英寿企画、藤原ヒロシ監修、宮島達男とのコラボレ ーション)
     /ハイアットリージェンシー 京都/日本橋三越/茨城県陶芸美術館(〜2011)
    「現代工芸への視点 - 茶事をめぐって」東京国立近代美術館工芸館、東京
    「第 1 回金沢・世界工芸トリエンナーレ」リファーレ、金沢 21 世紀美術館、金沢、石川 
2008 「ファエンツァ国際陶芸展」ファエンツァ国際陶芸美術館、イタリア
2007 「京畿道 世界陶磁ビエンナーレ」利川世界陶磁センター、イチョン、韓国 
    「カルージュ陶芸展」カルージュ、スイス 
2004 「非情のオブジェ」東京国立近代美術館工芸館、東京
    「MINO CERAMICS NOW」岐阜県現代陶芸美術館、多治見、岐阜


受賞

2009 菊池ビエンナーレ 奨励賞

2008 パラミタ陶芸大賞展 大賞
    国際陶磁器展美濃 審査員特別賞
2005 イタリア ファエンツァ国際陶芸展 新人賞


ワークショップ・講演等

2009 「The Office for the Arts at Harvard, Ceramic Program」ワークショップ・レクチャー、 

    /オールストン、マサチューセッツ、アメリカ
    「Leach Pottery」ワークショップ、セントアイブス、イギリス
    「Carlo Zauli Museum」滞在制作・ワークショップ、ファエンツァ、イタリア
2008 「東洋陶磁学会」講演 「磁器の表現と自作について」東京国立近代美術館、東京 


 

 

COMMENTS